Chromebook:Chromebookで開発者モードを有効にする方法

chromebook1

Chromebookには通常使用しているノーマルモードの他に「開発者モード」があります。

Chromebookを開発者モードにすると、ChromeOSのファイルシステムへのルートアクセスが有効になります。

これは、Androidデバイスでrootアクセスを取得したり、iPhoneをジェイルブレイクしたりするのと似ています。

 

Chromebookの開発者モード

Chromebookの開発やモードを有効にする前に、開発者モードについての説明になります。

Chromebookに開発者モードが有効になっていない理由は?

これはAndroidなどのルート権限と同じで、一般の方が普通に使用する場合には特に必要としない機能になります。

Chromebookには、不正なマルウェアのインストールなどを防ぐセキュリティ機能があります。

また、Googleは重要なシステムファイルへの読み取り専用アクセスを強制して、ユーザーが誤って変更したり、マルウェアに感染したりしないようにしています。

そのため、ほとんどの一般ユーザーにとって、Chromebookは元の通常モードで十分に機能しています。

開発者モードにする必要性は?

Chromebookで開発者モードを有効にすると、Linuxシステムの完全インストールなどを実行して、デュアルブート機能を追加したり、開発者からandroid apkアプリをインストールしたり、アプリをサイドロードしたりできます。

開発者モードにすることによりLinuxのDebian、Ubuntu、またはKali LinuxをChromebookにインストールして、もとのChromeOSとデュアルブートで利用することができます。

開発者モードにすることにより重要な警告があります。

  • 学校などでChromebookを使用している場合は、学校の管理者の許可なしに開発者モードにすることはできません。(多分許可はおりません)
  • 開発者モードではChromebookの保証が無効になります。ユーザーはChromebookのシステムファイルにrootアクセスできるため、問題が発生した場合のトラブルシューティングのサポートはGoogleでは提供されません。
  • 開発者モードを有効または無効にすると、Chromebookがリセットされます。開発者モードが切り替わるたびに、Chromebookは「初期化」されます。つまり、すべてのユーザープロファイルとデータがリセットされます。ただし、すべてのChromebookデータはクラウド上にあり、使用環境もGoogleのアカウントに保存されているのでセットアップ時にログインすることですべての環境やAndroidアプリを含めた環境とデータを再同期できます。

Chromebookで開発者モードを有効にする

ちょうどChromeOSの更新サポートが無くなった英語版のChromebookがありますので、そのChromebookを使って説明していきます。

スイッチの場所やキー配列は機種によって違うので参考にしてください。

 

Chromebookで開発者モードへの移行

手順1)開始するには、Chromebookをリカバリモードで起動する必要があります。

まずはChromebookをシャットダウンすることから始めます。

手順2)EscキーRefreshキーを押したまま、電源ボタンを押します。

更新キーは通常、Chromebookのキーボードの左上にある3番目か4番目にあるキーになります。戻るに似たマークなのですぐわかると思います。

リカバリモードで起動する

リカバリモードで起動する

手順3)リカバリモードでは、「リカバリUSBスティックを挿入してください」という表示が表示されます。

リカバリモード

リカバリモード

一部の古いChromebookでは、「ChromeOSが見つからないか破損しています」というリカバリ画面が表示されますが特に問題はありません。

ステップ4)リカバリ画面でCtrl + Dを押します。

手順5)「OSの確認をオフにするには、Enterキーを押します。

システムが再起動し、ローカルデータが消去されます。」つまり、Chromebookが開発者モードになるまで、システムは起動前にシステムファイルのチェックを行いません。

Chrome OSは通常、起動する前にシステムを確認し、ユーザーが重要なシステムファイルのいずれかを変更したことを確認すると、起動をできないような仕組みになっています。

これは、スパイウェアやその他のマルウェアがシステムにインストールされている場合にデータを安全に保つための保護機能です。

なので、ここでは

「OSの確認をオフにするには、Enterキーを押します。

 

OS検証がオフになりました

OS検証がOFFになりました

手順6)Chromebookを起動すると、「OSの確認がオフになっています」と表示されます。

数秒間放置していると、ビープ音が鳴ります。

Ctrl + Dを押すと、Chromebookは開発者モードになります。

もちろん、ビープ音が鳴る前でもCtrl + Dキーを押すことができます。

OS検証確認

OS検証確認

開発者モードを有効にした後でChromebookを初めて起動するときは、システムを使用できるように準備するのに少し時間がかかる場合があります。

開発者モードへの変更

開発者モードへの変更

準備

準備

手順7)プロセスが完了すると、Chromebookは自動的にリカバリモードで再起動します。Ctrl + Dを押して続行します。

OS検証確認

OS検証OFF

ステップ8)ようこそ画面に入ります。

ウェルカム画面

Welcome画面

ステップ9)このステップはオプションであり、USBデバイスおよびその他の機能からの起動を有効にする場合に必要です。

デバッグの有効化

これはデバッグと呼ばれ、有効にすると次のようになります。

  • rootfs検証を削除して、ChromeOSシステムファイルを変更できるようにします。
  • SSHアクセスを有効にして、crosflashなどのツールを使用してデバイスにアクセスできるようにします
  • USBからの起動を有効にして、ChromebookにLinuxまたはその他のOSをインストールできるようにします
  • Chromebookに手動でSSHで接続できるように、開発者とシステムのrootログインパスワードの両方を必要な値に設定します

クリックしてデバッグを有効に機能>続行>はCtrl + D>、その後に有効ボタンを。

デバッグを有効にする

デバッグを有効にする

ステップ10)ウェルカムページにもう一度移動する必要があります。

手順11)Google ChromeOSの利用規約に同意します。

ChromeOSのセットアップ

ChromeOSのセットアップ

手順12)Wi-Fiを使用している場合は、ChromeOSを更新するためのワイヤレス接続を選択するように求められます。

手順13)Googleのクレデンシャルを使用してChromebookにログインします。

Chromebookデスクトップ

Chromebookデスクトップ

まとめ

Chromebookで開発者モードを有効にする方法は以上です。

開発者モードへの移行には、リカバリモードでの起動、Chromebookのリセット(Powerwash)、およびオプションでデバッグモードの有効化を行う必要があります。

これでChromebookでできることは大幅に広がります。

ルートシェルにアクセスするには、デスクトップ上でCtrl + Alt + Tを押して、ターミナルウィンドウを起動します。

 

ChromeOSシェル

ChromeOSシェル

今回はサポートが切れた古いChromebookで開発者モードにしたため、USBにインストールディスクを作成するなどの手間は行っていません。

もし、ご自分のChromebookを開発者モードにする場合は、起動できなくなることも考えてリカバリーUSBを先に作成することをおすすめします。

また、メーカー保証のある新しいChromebookで開発者モードを試すのもおすすめしません。

もし、そういった機種をお持ちで開発者モードが必要な方は、中古で1万円台で購入できるChromebookをオークションなどで購入することをおすすめします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です