Chromebook:GBAまたはGBC(ゲームボーイとゲームボーイアドバンス)ゲームをプレイできるエミュレータ John GBAC

John GBAC

GBAまたはGBCゲームをプレイできるエミュレータ John GBAC

ゲームボーイゲームとゲームボーイアドバンスゲームで2つの別々のゲームROMがJohnGBACを使うと両方のゲームをプレイすることができます。

過去にAndroidでゲームをエミュレートすることに興味を持ったことがある方は、Johnエミュレーターを利用したこともあると思います。

JohnGBACはAndroid向けの最高のゲームボーイおよびゲームボーイアドバンスエミュレーターになり、ゲームボーイゲームとゲームボーイアドバンスゲーム用のエミュレータ2つの別々のアプリをダウンロードする必要はありません。

現在、JohnGBCとJohnGBAの機能を1つのアプリに組み合わせたJohnGBACがあります。

JohnGBACはGoogl Playからインストール

JohnGBACはGoogl Playからインストールします。

Googl Playから検索します。

JohnGBACのインストール

インストール後に起動するとJohn GBACにエミュレータフォルダを表示する権限に関する表示があります。

JohnGBACのインストール

 

John GBACにエミュレータフォルダを表示する権限を与えると、内臓のSSDやマイクロSDのフォルダーをスキャンしてゲームROMを検索します。

ゲームROMがある場合は互換性のあるゲームのリストが表示されます。

JohnGBACのインストール

John GBACには、さまざまなテーマも含まれています。

その一部は、NESおよびSNESカラーオプションに加えて、従来のGBAおよびGBCカラーオプションなどです。

インターフェイスをカスタマイズすることもできます。

ゲームボーイ、GBC、またはGBAのゲームだけをプレイしたい場合は、これよりもはるかに優れているエミュレータもあると思いますが、設定の簡単さや管理の面でも一つで動作するエミュレータは便利です。

John GBACは、ゲームボーイアドバンス(GBA)およびゲームボーイカラー(GBC)からChromebookへのお気に入りのビデオゲームのプレイをサポートするエミュレーターです。

John GBACアプリは、無料バージョンとプレミアムバージョンの両方で利用できます。

2つのバリエーションの唯一の違いは、ゲームプレイの邪魔になる広告の表示になります。

したがって、このエミュレーターの第一印象が気に入った場合は、プレミアムバージョンを選択して、広告なしの環境でプレイすることができます。

John GBACの機能

  • GBAおよびGBCからのゲームのプレイをサポートします。
  • 必要に応じて調整するための設定の膨大な配列があります。
  • キーを簡単にカスタマイズできます。
  • ゲームプレイ中にスクリーンショットを撮ります。
  • 物理キーボードに加えて、ゲームプレイを高速化するための仮想オンスクリーンキーボードも提供します。
  • ゲームを高品質でレンダリングします。
  • チートコードの使用を有効にします。
  • マルチプレイヤーモードでのプレイはできません。
  • お気に入りが含まれる場合と含まれない場合がある限られた数のゲームのプレイをサポートします。
  • 一部のゲームコントローラーのサポートもありません。DraSticDSエミュレーターChromeOSでニンテンドーDSゲームをプレイするためのDraSticDSエミュレーターは無料ではありませんが、提供される機能を考えると、それに投資することは悪くありません。
  • 画面の向きを横向きから縦向きに、またはその逆にカスタマイズして、見やすくする機能。
  • ゲーム中いつでもゲームプレイを保存および再開するための保存モードをサポートします。
  • 早送り機能は、エミュレーション速度の向上に役立ちます。
  • ゲームの3Dグラフィックスを改善して、解像度を向上させます。
  • 有料版としてのみご利用いただけます。無料ではないことに加えて、試用版もありません。
  • マルチプレイヤーゲームプレイ機能は提供していません。

 

John GBAを使ってみて

エミュレータとしてのパフォーマンスに関しては、特に不満はなく、Chromebookでの動作を考えると、Chromebookの性能はそれほど必要が無いかと思います。

もともと、Androidアプリ用のソフトなので、その点に関しては特に問題はありません。

仮想コントローラーは完璧に近く、状態の保存と読み込みが簡単にできます。

これに関する唯一の問題は、コントローラーレイアウトのプロファイルを作成できないため、違うレイアウトを使用したときには面倒です。

仮想コントローラーはAndroidスマートフォンで利用する際には問題はありませんが、Chromebookで使用する際にはChromebookの大きさのため、使いづらく感じることになります。

外付けのコントローラーで動作しますので、プレイの際はコントローラーで遊ぶことをお勧めします。

 

ChromebookでもWindows用に販売されている優先や無線、Bluetooth接続のどれでも動作すると思いますが、やはりBluetoothか無線または、その両方に対応しているコントローラーがお勧めです。

Logicool G ロジクール G ゲームパッド コントローラー F710r

コントローラー F710r

アマゾンで見る

Aesval PS4 コントローラー ワイヤレス

Aesval PS4 コントローラー ワイヤレス

 

アマゾンで見る 

ゲームROMを用意

ゲームROMがあれば、後はそれほど苦労することなくゲームをプレイすることができます。

ソフトの吸い出し

プレステ-ション1/プレステ-ション2のようなCD、DVDドライブがゲーム媒体に使われているゲーム機と違い。ゲームボーイやゲームボーイアドバンスのゲームはゲームROMから吸い出す必要があります。

ROMの吸い出しについては後日記載する予定です。

エミュレータ自体は違法性がなく、個人で持っているゲームのROMを吸い出してエミュレータを利用して遊ぶことも違法ではありません。

しかし、インターネットに出回っているゲームROMをダウンロードできるサイトからのダウンロードや、自分の持っているゲームROMを第三者に渡すことは違法になります。

まとめ

ゲームボーイやゲームボーイアドバンスのゲームをChromebookで手軽にプレイしたのであればAndroidアプリのJohn GBACを利用することを、まずはお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です