Chromebook:Chromebookにはどれくらいのストレージが必要ですか?

ASUS ChromebookC423NA

Chromebookにはどれくらいのストレージが必要

Chromebookに関して必要なストレージの量は、ダウンロードするAndroidアプリの数と使い方、Linuxを使用する予定があるかどうかによって異なります。

どちらも使用する予定がない場合は、32GBのストレージで対応できます。

ただし、オフラインで使用するファイル、ダウンロードしたメディア、将来使用する可能性のあるアプリのためのスペースを確保するために、64GB以上のChromebookストレージを選択することを強くお勧めします。

Acer Chromebook 713 

2021年に日本や海外で発売されている機種の中で最適なChromebook

2021年7月27日

 

必要なChromebookストレージはユーザーによって異なります

最近のChromebookの多くには64GB〜256 GBのストレージが搭載されていますが、現在販売されているChromebookの多くの機種には32GBのストレージが搭載されており、価格の安いスマートフォンよりも少なくなっています。

ストレージが少ないとノートパソコンの価格を抑えることができます。

これは、一度にまとまった数のChromebookを購入する学校や企業にとって重要ですが、ChromebookでのAndroidアプリの安定性が向上し、Linuxサポートが利用できるようになった環境を個人で使用するならミッドレンジおよびプレミアムなChromebookのストレージ容量が必要になってきます。

もちろん、LinuxやAndroidアプリをまったく利用せず、クラウドにデーターを保存できるスペースがある限り、ほとんどの作業がクラウドでできますので、ストレージは問題にならない可能性があります。

その場合は32GBのストレージを備えた手頃な価格のChromebookを手に入れて、作業をすることができます。

しかし、実際に個人で利用する場合のChromebookの最大の選択理由として早い、簡単、価格が安いなどと同じくらいAndroidアプリが利用可能で、Linuxもつかることが魅力になっています。

64GB以上のストレージが必要な理由

Chrome OSは毎月(4週間)に新機能を追加しており、必然的にChromeOSシステム自体のサイズが大きくなります。

最近32GBのChromebookをセットアップした場合、システムとChromebookプロファイルに関連付けられたデータの後に約17GBの使用可能なストレージがあります。

17GBはすべて使えるわけではないので、数千の画像または少数のビデオを保持するのに十分なスペースですが、想像するよりもはるかに簡単に使い果たすことになります。

一方で64GBはLenovo FlexシリーズやAsus Chromebook Flip C434TA などの新しいミッドレンジおよびプレミアムChromebookの標準的なストレージ容量になります。

ほとんどのChromebookは基板にSSDが付いているため内部ストレージをアップグレードする方法がなく、microSDカードスロットがあっても、すべてに使用できるわけではありません。

ほとんどの新しいChromebookは、今後6〜8年間ChromeOSのアップデートサポートがあります。

少なくとも64GBのストレージを選択するもう一つの大きな理由は、Chrome OSの2つのアプリタイプを利用できるようにするためです。

内部ストレージのサンドボックスコンテナで実行する必要があるLinuxアプリと、使用できるAndroidアプリです。

AndroidアプリでDisney +やアマゾンのプライムビデオなどをダウンロードする際にはマイクロSDをダウンロード先に指定することで内蔵のストレージ容量を圧迫することなく利用できます。

しかし、AndroidのスマートフォンでもそうですがマイクロSDが使える機種でも32GBでは、すぐ内蔵ストレージは少なくなります。

Chromebookでも、それとほとんど同じ感覚になると考えてください。

Linuxアプリは、WindowsまたはMacに慣れているアプリケーションに対して相応のアプリケーションを提供しますが、ローカルプログラムが多いほど、ローカルストレージに占める容量が多くなります。

実際、Parallels for Chrome OSなどの一部のソフトはインストールするWindowsアプリ用に十分なスペースがあることが前提なので128GBのストレージが必要になります。

関連:

Windows 10アプリをParallels Desktop for Chrome OSで使用する際の問題

Windows と Chrome OS の共存 Parallels Desktop for Chrome OS

まとめ

2年ほど前までなら32GBでも問題がありませんでした。

今では最低ストレージ容量は64GBへと移行して、それが最低限のスペックになろうとしています。

必然的にChromebookでも128GBや256GBのSSDを搭載した機種が増えており、今後はその容量が一般的になると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です