Chromebook:ChromebookでLinuxを設定する方法

Linux

ChromebookでLinuxを設定する方法

Chrome OSは、Linux on Chromebook、USBデバイス、およびサウンドでGPUアクセラレーションとマイクのサポートを行っています。

一般ユーザーに限らずIT管理者から、コーディングを学びたいソフトウェア開発者、そして学生まで、ChromebookでLinuxを使えることは有益であることが証明されています。

また、次のChrome OSのアップデートでは、Linuxもベータ版を終了します。

そのため、2021年にChromebookでLinuxを設定する方法を記載していきます。

関連:Chromebook:Chromebook向けのベストLinuxアプリ

ChromebookでLinuxを実行する(2021年更新)

2019年に発売されたすべてのChromebookはLinuxをサポートしています。

Chromebookを開発者モードにすることや、その他の設定方法は必要ありません。

Linuxはシステムの設定から簡単に行うことができます。

また、ARMベースのChromebookにもLinuxをインストールできるため、この面で心配する必要はありません。

ChromebookでLinuxをセットアップする

1.まず、設定を開きます。

設定は[クイック設定]パネルの歯車アイコンをクリックして[設定]ページを開きます

2.に移動

左側のペインの「詳細」をクリックして、メニューを展開します。その後、「開発者」をクリックします。学校で発行されたChromebookをお持ちで、「デベロッパー」メニューが利用できない場合は、学校の管理者にお問い合わせください。

3.Linux開発環境(ベータ版)をオンに

開発者メニューにしたら、横の「Linux開発環境(ベータ版)」を「クリックしてオンにします」。

ChromebookでLinux

4.Linuxをインストール

セットアップダイアログが開きます。次に、[インストール]ボタンクリックして、ChromebookでLinuxを実行します。

ChromebookでLinux

5.次のページで、Linuxに必要なユーザー名を入力し、「カスタマイズ」を選択して、Linuxに必要なディスク容量を選択します。合計64GBの内部ストレージがあるので、25GBを割り当てました。

より大きなストレージ容量があり、ゲームをプレイしたり、Linuxでプログラムを開発したりする場合は、ストレージをさらに拡張する必要があります。

ChromebookでLinuxを使用する(2021年5月更新)

6.Linuxを実行

ChromebookにLinuxをインストールするのに数分かかります。スムーズに終わると思いますが、もし途中でインストールが進まない場合は一旦キャンセルをして、再度設定すると、進んでいた場所から再開されます。

インストールが完了したら、Linuxは自動的に実行されます。

ChromebookでLinuxターミナルの使用を開始することができます。ランチャー内にターミナルアプリがあります。

ChromebookでLinux

ChromebookにLinuxアプリをインストールする方法

1.Linuxビルドを最新バージョンに更新

ChromebookでLinuxアプリを使用する前に、まずLinuxビルドを最新バージョンに更新する必要があります。

Linuxのターミナルで以下のコマンドを実行し、すべてのパッケージが更新されます。

このコマンドをコピーしてターミナルウィンドウに貼り付けるだけです。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade -y
ChromebookでLinuxを更新する

2.Linuxソフトのインストール

ChromebookでLinuxが更新されたら、アプリをインストールをすることができます。

たとえば、画像処理ソフトのGIMPをChromebookにインストールしたところ、問題なくインストールが完了しました。

このようなアプリをさらに見つけるには、Chromebookに最適なLinuxアプリのリストをご覧ください。

インストールの詳細な手順が含まれています。

インストール後、ランチャー内にLinuxアプリがあります。

ChromebookのGIMP

ChromeOSとLinux間でファイルを共有する

ChromebookでLinuxを正常に実行できたら、ChromeOSとLinuxのファイルシステムが異なりますので、Linuxアプリのローカルフォルダーとファイルにアクセスするには、ファイルをダウンロードから「Linuxファイル」セクションに移動する必要があります。

ファイルソフトを立ち上げて

ChromebookでLinux3

ファイルを常にLinuxセクションに移動したくない場合は、「ダウンロード」を右クリックし、「Linuxと共有」をクリックします。これで、「ダウンロード」の下にあるすべてのファイルとフォルダーがLinuxアプリで利用できるようになります。

ChromebookでLinux4

以下のパスディレクトリからダウンロードにアクセスできます

「ダウンロード」を右クリックすると、ブックマークセクションに追加できます。

今後、Linuxアプリ内で、手動でダウンロードフォルダーに移動する必要はありません。

mnt / chromeos / MyFiles / Downloads

 

まとめ

ChromebookでWindows10アプリを実行するようにWineを設定することもできます。

さらに、ChromebookにSteamをインストールし、Chrome OSでMinecraftを再生し、ChromebookでSignalを使用し、ChromebookにデスクトップMS Officeをインストールし、ChromebookにMicrosoftEdgeをインストールすることもできます。これはすべて、ChromeOSでのLinuxサポートのおかげです。

STEAM

これが、ChromebookにLinuxをインストールして実行する方法に関する短い記事になります。

手順は非常に簡単でわかりやすく、更新チャネルを変更したり、Chromeフラグを変更したりする必要はありません。

簡単な操作でChromebookでLinuxを有効にすることができます。

これでChromeOSやAndroidアプリで不得意とするところをカバーすることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です