Asus Chromebook Flip C436FAのレビュー 高性能なChromebook

Asus Chromebook FlipC436FA

Asus Chromebook FlipC436FA

新しい種類の強力なChromebookは、Windowsノートパソコンに匹敵することを目的としています。

Asus Chromebook Flip C436

総評

Asus Chromebook Flip C436FAはChromebookとしては非常に高性能であり、ビジネスユースでよく使われるミッドレンジのWindowsノートパソコンに匹敵するハードウェアを手頃な価格で提供します。

従来、Chromebookは低電力でバッテリー駆動時間が長い傾向がありました。

その代わりと言っては何ですが非力なCPUとスマートフォン並みのストレージを搭載しています。

この14インチを搭載したAsus Chromebook FlipC436FAは、ハイエンドのIntelプロセッサとLinuxをインストールして実際に使用していくことのできる新しい種類の強力なChromebookの1つです。

このシリーズにはCPUによってモデルが別れています。

今回はIntel Core i7プロセッサ(CPU)でテストしましたが、それよりも安価なCorei5も入手することができます。

価格は高いと思いますが(価格はいくつかの本当に優れたミッドレンジのWindows10ノートパソコンに匹敵する価格。)軽量でコンパクト、そして強力な基本性能で、Chromebookの可能性を示しています。

価格: ¥131,724
アマゾンで見る

Asus Chromebook FlipC436FAノートパソコン

このコンパクトな14インチChromebookは軽量で、画面の周囲が薄いため、13インチモデルのように感じられる大きさです。

今回、入手しましたのでテストしました。

Asus Chromebook FlipC436FAのレビュー

強力なスペック

CPU種類···Core i7-10510U
画面サイズ···14型(インチ)
メモリ···16GB
SSD容量···512GB
重量···1.15kg
サイズ··幅319.5mm×奥行き208mm×高さ13.76mm

このモデルは第10世代のIntelCore i7プロセッサに加えて、Chromebookでよく見られる通常の低電力Pentiumレベルプロセッサと32GBから64GBのストレージではなく、512GBのSSDを搭載しています。

Chromebookはその基本理念と考えられていた使い方のため、処理能力、ストレージ、消費電力などに性能を求めることなく常に低価格になる傾向があります。

もともとは教育市場向けに学生が使う端末として期待されていました。

それと比較するとChromeBookFlipC436FA内のハードウェアは大きく違います。

Chromeオペレーティングシステムは軽量で、主にオンラインで動作するように設計されているため、Chromebookは通常、強力なプロセッサを必要としません。

アプリはChromeウェブストアからのみ提供されます。

また、多くのAndroidアプリを実行できるようになりました(ただし、通常、大画面用に最適化されることはありません)。

ChromeおよびAndroidアプリだけでなく、強力な仕様により、Linuxも十分使用できる性能がが提供されています

仕事では、オフラインモードでも動作するオンラインベースのGoogle生産性アプリのスイートを入手できます。512GBのSSDを搭載しているAsus Chromebook FlipC436FAは十分すぎる内蔵ストレージがあります。

その他に、microSDカードを挿入することもできます。

ただし、これは強力なChromebookの新種の1つであり、パワーユーザーにChromeOS環境上のLinuxも提供し、十分実用に耐えることができます。

また、今はまだ企業向けのParallels Desktop for Chrome OSを使ったWindows環境も問題なく利用できるスペックになります。

性能的には今現在販売されているChromebookの中では間違いなく最も高性能なChromebookのひとつになります。

CPUやメモリーに関してもそうですが、SSDは512GBもあると現在Chromebookで利用できるAndroidアプリ、Linux、Windowsなどに関しても余裕を持って使う事ができます。

AsusChromebookフォールドバック

デュアルアクションスクリーンヒンジにより、スクリーンが回転します。

本体と画面

マグネシウムアルミニウム合金の筐体は確かに高級感があり、耐久性のある構造になっています。

色は今回の白とその他にシルバーもあります。

体は非常に薄く(13.7mm)、軽い(1.15kg)ので、膝の上で長時間使用したり、毎日持ち運んだりしても負担を感じることは少ないと思います。

14インチの画面ですが、画面の端が薄いので、13インチのモデルのように感じられます。

画面は広い視野角を持ち、カラフルで明るく、タブレットでの使用に適しています。

ただし、ASUSのFlip に共通していえる光沢のある画面はかなり反射する可能性があり、外での使用に関しては反射して煩わしい場合があります。

Asus Chromebook Flip C436

USIスタイラスは、互換性のあるさまざまなタッチ対応デバイスで使用できます

360℃回転するデュアルアクションスクリーンヒンジにより、タブレットの使用やプレゼンテーションのためにスクリーンを完全に回転させることができ、付属の電動スタイラスは、使用しないときはmicroSDスロットを介して磁気的に取り付けることができます。

スタイラスは新しいUniversalStylus Initiative(USI)1.0に準拠しており、ラップトップ、スマートフォン、タブレットなど、さまざまなタッチ対応デバイスでスタイラスを使用できるように設計されています。

独自のヒンジにより、ラップトップモードで使用すると、ラップトップベースの背面が少し浮き上がります。これは、放熱効果とタイピング角度と左右に取り付けられたスピーカーからでる音を向上させるように設計されています。

欠点としてすべてではありませんが膝の上で使用すると、安定性に欠ける時があります。

またヒンジが少し緩く、本体を持ち上げて別の場所に移動すると、画面が意図した傾斜角度からずれてしまうことがあります。

本体のサイド部分には、2つのUSB-Cポート、microSDカードスロット、3.5mmオーディオジャック、および電源ボタンとボリュームコントロールがあります。

キーボードとタッチパッド

フルサイズのバックライト付きキーボードは、1.2mmのキーストロークで柔らかく柔らかいタッチで応答性は良いと思います。

キーは小文字で印刷されており、文字のコントラストが強くないため、視認性に影響を与える可能性があります。

一部のキーは、バックライトの関係で、必ずしも読みやすいとは限りません。

これは、バックライト付きキーボードを備えた、このシリーズのAsusにおけるChromebookと同様です。

Asus Chromebook Flip C436

キーは小文字で印刷されており、文字のコントラストは強くありません。

キーボードのバックライトを使用するには、明るさキーと同時にALTボタンを押す必要があります。

明るさを最大にすると認識はましにはなりますが、それでも不十分です。

指紋リーダーはバックスペースキーの右上にあり、電源ボタンは左側にあります。

タッチパッドは大きいサイズで滑らかな感じですが、表面は少しざらざらしています。

設定で感度を変更しようとしましたが、それほど改善はされませんでした。

ただ、この部分はなれることで気にならなくなります。

Chromebookの使用中に左側のパームレストに多少の熱が感じられましたが、その量はCPUの動作の程度によって異なるため、入力中に感じる場合と感じない場合があります。

多くの低電力Chromebookとは異なり、Asus Chromebook Flip C436FAにはファンが搭載されています。

目立つほど熱くなることはなく、ファンの動作音も安定しているようです。

パフォーマンスとバッテリー

第10世代IntelCore i7 CPUに期待されるようにパフォーマンスに問題はありませんでしたが、ベンチマークの結果により、同じ性能のWindowsパソコンよりも若干数値は落ちるようです。

これは第10世代IntelCore i5 CPUを搭載している同シリーズにもいえることですがパフォーマンスを落とすことによってバッテリー駆動時間を少しでも延ばすためなのかと思います。

アプリを切り替えたり、描画、オンライン通信、ビデオファイルの再生のためにアプリを実行したりする動作はスムーズでCore i5のモデルよりも確実に反応は良くなっています。

バッテリーは、YouTubeを再生して高負荷な状態で(60%程度の輝度と中音量)平均8時間45分のバッテリー駆動を実現しました。

ACアダプタを持たずに外出先で使うには、ちょっと不安な数値です。

これも、Asus Chromebook FlipシリーズのCPUがm3のモデルは11時間程度、Core i5のモデルは9時間程度と比較してCore i7のモデルと言うことを考えると非常に良い結果になります。

サウンド

ハーモン/カードンのサウンドシステムはもう1つの利点であり、音楽や映画の音声はどの音量でも豊かで鮮明に聞こえます。

ステレオサウンドも適切に処理され、Asus Chromebook FlipC436FAの前に座っているときに左右のチャンネルを簡単に区別することができます。

Chromebookをより安全に便利に利用したいならVPNがおすすめな理由

 

Chromebookは値段も安価で動作も快適と作業用パソコンとしては、かなり優れておりますが利用している段階で気になる点が2点ございました。

 

Chromebookの不満点

  • ファイルのダウンロードがブロックされる。
  • HTTPサイトに接続できない

 

上記2点の問題点を解説します。

 

 

ファイルのダウンロードがブロックされる

 

作業中にサイトからファイルをダウンロードする際に上記のような【不正なファイルのためファイルをブロックしました】と頻繁に表示されます。

 

これがかなり面倒で明らかに危険なファイルではないはずの

PDF資料をまとめたZIP

仕事で使用するフリーツール

なども跳ねられることも頻繁で正直ストレスがたまります・・・

 

通常のWindowsパソコンやMACであればブロックされる頻度はかなり少ないですが、後で後述する理由が原因でChromebookの場合1日に何回もこのような事態が発生します。

 

 

HTTPサイトに接続されない

 

また【HTTPサイトにアクセスしても表示されない】問題もあります。

インターネット上でWebページを閲覧するとき、URLの上部に「http」や「https」で始まっていますがデータが暗号化されていないhttp」の場合自動的にブロックされてしまいます。

 

↑上の画像のようにHTTPの場合はセキュリティ警告が表示

 

最近では「https」に移行しているサイトも増えてはいますが、まだまだ「http」サイトが多い現状で仕事上情報を集めたい際に苦労しています。

 

 

上記の2点の問題を解決する方法を調べた結果【VPN】を適応することで解決致しました!

 

 

なぜChromebookにVPNが必要なのか???

 

 

なぜ上記のような問題がVPNで解決するのか?

「実はChromebookで標準で搭載されているセキュリティが強固すぎる+セキュリティ機能をオフができないため回避するにはWEB通信時のネット回線を変更する」

必要があることが判明!!!

 

https://www.cman.jp/network/term/vpn/

通常であればセキュリティソフトなどを手動でインストールを行い、問題がある場合は一時的にオフするなどで[ブロック問題]を解決できるのだが、Chromebookはデフォルトでセキュリティソフトが搭載されているような物なので外すことが出来ない

そこで活躍するのがVPN!!!

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

VPNを使うとChromebook経由の回線ではないという扱いになるため上記のような理不尽なブロック祭りから開放されるというわけだ!!!

 

 

VPNを利用することで得られるその他のメリット!!

 

更にVPNはもともとセキュリティ強化のためのツールなので様々な利点あり。

 

VPN利用時のメリット

  • 個人情報の流出阻止の強化
  • 海外サーバに繋げて外国在住の限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

 

など仕事でもプライベートでも役に立つ機能が多く、Chromebookを快適かつ安全に使用したいのであれば割と導入必須のツールといっても過言ではありません。

 

 

ChromebookにおすすめVPNはNORDVPN!

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点

ダウンロード・操作履歴が残らない

料金が安い・返金制度

 

 

ダウンロード・操作履歴が残らない

 

NordVPNは【サーバー上に利用ログ・履歴が保持されない】仕様になっている。

やましいことしていないなら保存されていても特に問題ないのでは??と思いがちですが通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

実際にVPN会社本元のサーバーがハッキングされて個人情報が流出したことも・・・

 

ただNordVPNに関してはそもそも個人情報を残さないので仮にハッキングされたとしても警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約495円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1434円 月額590円 月額495円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので安心!!

 

⇒30日間無料のNordVPNををお試ししたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

これは最高のChromebookのひとつかもしれませんが、最も高価なChromebookのひとつでもあります。

従来のChromebookに関してのWindowsノートパソコンに対する価格優位性がなくなったので、ChromeOSが本当に好きか、それともWindows 10ノートパソコン、またはMacBook Pro が良いのか?

非常に迷うところです。

販売台数が少ないので中古で販売されている数は少ないのですが、もし中古で販売されている場合は新品で8万程度のChromebookを購入するよりも、Asus Chromebook FlipC436FAをお勧めします。

 

メーカーより

ASUS Chromebook Flip C436FA
人々のデジタルライフをもっと豊かに

また先程紹介したNordVPNを利用することで【Chromebookの煩わしい仕様回避+セキュリティ強化】にもつながるので気になった方は導入してみてはいかがでしょうか??

金額的にもセキュリティソフトよりも安く、気に入らなければ返金保証ありといたせりつくせりの内容なのでおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。