Chromebook:Windows11とChromeOS:類似点、相違点、メインになるOSは?

Chromebook:Windows11とChromeOS:類似点、相違点、メインになるOSは?1

Windows11は、Windows3.1からWindows95、そしてWindows7からWindowsの8への移行に匹敵するWindows最大のアップデートかもしれません。

内容的にはChromeOSを非常に意識したOSになり、これは、今年の初めまで、ChromeOSに対抗するためMicrosoftがWindows10Xと呼ばれるオペレーティングシステムのバージョンに取り組んでいて、それを破棄して一部の機能をWindows11に組み込んでいることからも予想することができます。

リリースしている内容を見るとWindows 11は、macOS、Chrome OSの機能に類似している部分を多く持っていて、その上にいくつかのWindows10の特徴があります。

「Windows10Xは、マルチディスプレイデバイス向けに設計されたOSになり、300ドルのWindowsパソコンをChromebookと競合するために設計された、より軽量なバージョンのWindowsになるように設計されていました。Windows 10Xが事実上中止になったことで、Microsoftはこれらの機能の多くを、新しいバージョンのWindows11に組み込みました。」

 

Windows11とChromeOS:Androidアプリ

MicrosoftがWindows11をリリースするとAndroidアプリをインストールできるようになります。

これについてはもう少し説明が必要になります。

これはMicrosoftがGooglePlayストアをWindowsに導入することではありません。

代わりに、MicrosoftはAmazonと協力して、AndroidアプリをWindowsユーザーに提供する予定です。

この新しい機能で問題の1つは、アプリの品質と種類、数になります。

最も人気のあるAndroidアプリ(TikTokやRingなど)のいくつかをダウンロードすることはできますが、Google Playで提供しているAndroidアプリのすべてにアクセスできるわけではありません。

これは、ChromebookとChromeOSが引き続き優位を占める部分です。

多分使用できるのはAmazon AppStoreで展開しているAndroidアプリになります。(AmazonFireタブレットを使用することに関して、これが最大の不満の1つである)。

AmazonのAppStoreにはたくさんのアプリがありますが、Playストアから入手できるものと比べると見劣りします。

したがって、Windows11では代わりにWebバージョンを使用することになります。

もちろん、Windows11が8月から正式にリリースされると、Amazon AppStoreで展開するアプリの数は増えるかもしれません。

仮にアプリが増加したとしても時間がかかりますので、Chromebookに対しては見劣りがします。

Windows11とChromeOS:Androidスマートフォンとの連携

これは、WindowsにAndroidアプリをインストールすることと同じではありませんが、Androidスマートフォンがどのように連携できるかに関係しています。

過去数年間、MicrosoftはYourPhoneアプリを使用してAndroidスマートフォンとWindowsを連携してきました。一方、Googleは、PhoneHubを使用してChromebookとChromeOSに新機能を導入しています。

PhoneHubはChromeOS 89で導入され、Chromebookから通知を表示してスマートフォンのさまざまな機能を制御できるようになりました。

これには、スマートフォンとの間でファイルを送受信するためのNearby Shareや、Chromebookでのスマートフォンからの通知の表示などが含まれます。

「YourPhone」はWindows 10以降の PCをAndroidまたはiOS電話と同期するためのソフトであり、スマホとPCをリンクして様々な機能を提供します。

例えば、ユーザーはスマホとWindows PCの両方で同じMicrosoftアカウントを使用している限り、Windows 10以降のPC、Android、およびAppleデバイス間で写真とメッセージを同期することができます。

Chrome OSはAndroid機能の統合に力を入れていますが、まだ発展途上であり機能的にもカバーできている部分は少ないのが現状です。

ただし、この機能に関してはスピード感のある改善を繰り返していますので最終的にはChromebookの方が優位に立つと思います。

Windows11とChromeOS:インターフェース

Windows 10Xで導入予定だったDockやウィジェットトレイなどの機能をMicrosoftはWindows11に組み込んでいます。

たとえば、Dockは、Chromebookを起動したときに表示されるものと同じように見えます。

すべてのアプリは画面の中央にきちんと配置されていますが、必要に応じて移動することも、操作も直感的にできると思います。

ウィジェットトレイを使ってWindows 11は、「MSNニュース」や天気予報だけでなく、それ以上の用途に役立つ機能を表示することができます。

ウィジェットトレイに関してはChromebookでは、まだ機能していませんのでWindows11が使える便利な機能になります。

MicrosoftがWindows11で優れているもう1つの側面は、ウィンドウ管理です。

この部分に関してChromebookはそれほど優れている部分はないので、もともとWindows機能を使っていたWindows11の方が使い勝手は上になると思います。

Windows11とChromeOS:タブレットモード

個人的には、Lenovo ChromebookDuetのようなChromeOSタブレットではなく、コンバーチブルディスプレイを搭載したChromebookを使用して、ラップトップをタブレットに変形して利用する前提で考えたいと思います。

なぜならタッチスクリーンはChromeOSの強みではありません。

おそらく、ChromeOSを搭載したタブレットをあまり見たことがないのはそのためです。

Chromebook Duetは1年以上前に発売されていて、ASUS Chromebook DetachableCM3が同じコンセプトで販売された程度で、その他にキーボード部分と分離してタブレットとして使えるChromebookがある程度です。

一方、Windows 11には、Surface ProシリーズやSurfacePro Xがあり分離式のSurfaceBookなどがあります。

これらは、最も人気のあるWindowsタブレットの2つです。

デスクトップの代わりに使用できる基本性能の他に、キーボードを取り外してSurfaceペンを使用したり、タブレットのように使用したりできることを前提としたタブレットになります。

ChromebookにAndroidアプリをダウンロードしてインストールできることは素晴らしいことですが、これらのアプリとのやり取りは複雑です。

アプリやウィンドウをドラッグするのは簡単ですが、スタイラスなしで正確なことをしようとすると、操作性は非常に悪くマウスでの操作をしたくなります。

一方、Windows 11は、タブレットモードを大幅に改善し、画面キーボードの改善、ジェスチャーの改善、タッチターゲットの拡大を実現しました。

その結果、マウスを使用する場合と同じようにウィンドウをスナップしたり、3本の指で下にスワイプしてアプリを非表示にしたりすることができます。

Googleがこれらの機能を改善することを考えていても時間がかかりますので、それまではマイクロソフトのWindows11が有利です。

Windows11とChromeOS:速度

最も安いChromebookでも、ハイスペックのChromebookを使用する場合でも、使い勝手はほぼ同じです。

もちろん、RAMの少ないChromebookは集中的なタスクを処理できない可能性がありますが、それでも、他のほとんどすべてのタスクを処理できます。

同じことはWindows10については言えません。

これは、Windows10Xが「ゲームを変える」ことになっていた理由の一部です。Windows 10XはWindowsの軽量で高速なバージョンであり、それを継承しているWindows11は同じく軽量でクラウドで動作するのでパソコンの基本性能に依存する部分は少なくなります。

高性能なパソコンと低価格なパソコンでWindows11を使用することは、Windows 10を実行することと比較すると、格段の差があります。

現在からWindows11の最終リリースまでの間に何かが変更されない限り、安価なパソコンでWindows11がどう動くのかは非常に興味があります。

 

まとめ

この記事を書いている時点で8月の初めからWindows11は企業向けに展開されます。

その後個人ユーザーにWindows 11は、10月以降にリリースされると思います。

もしかしたらGoogleは、ChromeOSがWindows11が提供するものよりも機能的に役立つ新機能を実装するために、この時間を利用するかもしれません。

可能性は低いですが、AndroidアプリのWindows 11への統合で問題が発生する可能性も常にあります。

そもそもAndroidアプリが実際にWindowsに登場すると誰が思ったでしょうか?。

Windows11に求められるパソコンの機能は高機能ではなく、ハードルは低いと思います。

しかし、動くのと使用できることは違いますので今後も注意深くニュースなどを見ていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です