Chromebook:Windows 10アプリをParallels Desktop for Chrome OSで使用する際の問題

Parallels Desktop for Chrome OS
ChromebookEnterprise用のParallelsDesktop

(Parallels Desktop for Chrome OS)

ChromebookでWindowsアプリを実行できるようになりましたが、問題があります。

Parallels Desktop for Chrome OSを利用できるのは企業ユーザーに限られ、個人ユーザーは対象ではありません。

個人ユーザーでも非常に切望されているWindows機能は企業向けとして利用することができます。

つまり、企業ユーザーのみがChrome OSでこの新しい環境を利用することができます。

ParallelsはChrome OSでリリースされ、完全に仮想化されたWindows環境をChromebookで利用することができます。

なぜこれが企業ユーザーのみが利用できるのか疑問に思われるかもしれません 。

ParallelsはMacなどでパッケージソフトとして販売されて一般の方が購入することができます。

企業ユーザーのみがParallels for Chrome OSで対象の理由は、G Suite管理コンソールから完全に管理されているため、管理者がユーザーごとに有効にする必要があります。

そこから、企業はユーザーがダウンロードできるWindowsイメージを共有します。

完全なオフライン互換性のためにローカルで実行されます

イメージがダウンロードされると、この仮想化されたWindows環境はローカルで実行されます。

つまり、オフラインで完全に利用可能であり、OS内で行われたすべての変更はChromebookに直接保存されます。

また、ウィンドウを閉じると、ウィンドウは即座にレジュームになり再開時には素早く起動します。

Windowsはサイズ変更可能なウィンドウでChromeOSと並行して実行されますが、完全にシームレスではありません。

たとえば、MacOSでParallelsを使用したことがある場合は、おそらくCoherenceに精通していると思います。

これは、ユーザーがWindowsアプリをMacソフトであるかのようにMacOSで直接実行できるようにする機能です。

Chrome OSのParallelsは、まだ熟成していないせいかその昨日は搭載していません。

WindowsまたはChromeOSとして別に動作します。

しかも、この2つのOSを密接に組み合わせることができません。

ただし、仮想デスクトップでWindowsのフルスクリーンを実行できるため、タッチパッドを4本の指でスワイプするだけでChromeOSとWindowsを簡単に切り替えることができます。

これは、シームレスで正直なところ、かなり滑らかに動作します。

ファイル、フォルダ、クリップボードはすべて共有されます

Windowsは、ChromeOSファイルシステムとも直接統合されます。

Chrome OSのファイルマネージャから直接、ChromeOSのフォルダをWindowsと共有できます。

同様に、Chrome OSファイルマネージャー内のWindowsフォルダー(ドキュメント、画像、デスクトップなど)を使用して新しい書類などが作成されます。非常にシームレスで、フォルダとファイルをいつでもどちらのOSでもすぐに利用できるようになります。

WindowsとChromeOS間の共有ファイルとの類似点
ファイルは簡単に2つのOS間で共有することができるParallels

さらに、クリップボードは2つのオペレーティングシステム間でも共有されるため、Chrome OSで何かをコピーして、Windowsにペーストしたり、その逆を行ったりすることができます。

Chrome OSでのParallelsの有用性を実感できるのは、このような小さな事であり、実際の仕様では非常に便利に感じます。

ChromeOSで開くようにWindowsのファイルをリンク設定をすることができます。

したがって、リンクのあるスプレッドシートまたはWord文書を使用しているが、Edgeで開きたくない場合は、Chrome OSで処理できます。

同様に、Chrome OSファイルマネージャーからクリックした場合でも、Windowsで常に開くように特定の種類のファイル(xlsxファイルなど)を構成することもできます。

Windows10アプリがChromebookで利用できるようになりました

Parallels Desktop for Chromebook Enterprise(PDCE)は、ChromebookユーザーにWindowsアプリへのアクセスを提供するソフトウェアです。

価格はユーザーあたり$ 69.95になります。

今なら1年間無料で利用できるキャンペーンを行っており、条件のあっている方はParallels Desktop for Chromebookを無料で1年間体験することができます。

Parallels Desktop for Chromebookを利用することでChromeOSでWindowsのアプリを起動することが可能になると、ChromebookユーザーはMicrosoftのオペレーティングシステムとAndroidアプリの豊富さという両方の長所を1台のChromebookで利用することができるようになります。

ただし、前述したように、Parallels Desktop for Chromebookは企業ユーザー用に制限されています。

会社を介してChromebookを所有している方は、ParallelsDesktopを利用することができます。

IT管​​理者は、GoogleのG Suite管理コンソールを使用して、互換性のあるChromeOSデバイスでParallelsDesktopを有効にすることができます。

また、Chromebookで利用するためにはWindows10ライセンスが必要です。

PDCEのおかげで、Chromebookユーザーは、Microsoft Word、Excel、PowerPointなどの人気のあるWindowsアプリのフルバージョンを実行できるようになります。

ユーザーは、Chrome OSファイルからWindowsデスクトップ、ドキュメント、ダウンロード、カスタムフォルダにアクセスすることもできます。

PDCEを実行するためにインターネットに接続する必要はありません。ParallelsDesktopはオフラインで動作できます。

PCDEが提供するもう1つの優れた機能は、共有クリップボードです。

これは、仮想WindowsマシンとChromeOSの間でコンテンツをシームレスにコピーして貼り付けることができます。

Windowsからサポートされているプリンターに印刷することもできます。

ChromebookEnterprise用のParallelsDesktop

ChromebookでParallels Desktop for Chromebookを実行するためのシステム要件は、Intel Core i5またはi7プロセッサ、16 GBのRAM、128 GBのストレージ、およびChromeOSバージョン85以降です。Parallels Desktop for Chromebookのユーザーあたり69.95ドルの価格を除けば、16 GBのRAMを搭載したChromebookは高価なモデルになり、10万円を超えてしまいます。

ChromeEnterprise用のParallelsDesktopを実行するための推奨Chromebookは日本で発売されているものの他にアメリカで販売されているモデルを含めて次のとおりです。

  • HP Elite c1030 Chromebook Enterprise
  • HP Pro c640 Chromebook Enterprise
  • Google Pixelbook
  • Google Pixelbook Go
  • Acer Chromebook Spin 713
  • Acer Chromebook Spin 13
  • Dell Latitude 5400 Chromebook Enterprise
  • Lenovo Yoga C630 Chromebook
  • ASUS Chromebook Flip C436FA

やはり、Parallels Desktop for Chromebookを利用することを考えるとCPUやメモリーもたしかに大切です。

しかしストレージの容量が64GBなどではWindowsのインストールも支障があります。

ただ、今年発売されたモデルの中にはハイスペックのChromebookではなくてもSSDを256GB搭載しているモデルもありますので、環境は整ってきています。

企業で導入しているChromebookは通常、低価格なChromebookを選択するため、Parallels Desktop for Chromebookの仮想ソフトが市場でどれほどうまくいくかは興味があります。

最も重要なことは、Chromebookがどのように進化して、企業ユーザーだけでなくすべての人にWindowsソフトウェアを組み込むことができるのかを楽しみにしています。

Parallels Desktop for Chrome Enterpriseは、Windows環境を必要とするChromebookユーザーにとって正しい方向への第一歩です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です