Chromebook: Windows と Chrome OS の共存 Parallels Desktop for Chrome OS

Parallels Desktop for Chrome OS1
注目されてシェアを拡大しているChromebookですが、ビジネスで使う場合はマイクロソフトのMS-OfficeでWordやExcelを使っている方も多く、ファイルをやり取りしてもファイル形式が違うため、コンバートや最適化が必要になります。
ChromebookではAndroidアプリのWordやExcelもあるので、それだけであればアプリを使うことで対応できる部分もあります。
しかし、画像処理や動画編集、その他の作業でも選択肢が多く、機能も充実しているWindowsのソフトは魅力的です。
WindowsのノートパソコンとChromebookを2台持ち運びできれば問題はありませんが、できれば荷物は少なく軽いほうがいいので、Macでよく使われる仮想化ソフトをChromebookで使ってWindows環境を手に入れる方法です。

ChromeOS上でWindows10

Chromebook上でWindows環境を構築することができるのはGoogleとParallelsのコラボレーションによります。

Parallelsは、Windows環境をChromeOSにもたらすためのコンピューター用の仮想化ソフトウェアを構築しています。

Parallelsは、ChromebookのウィンドウでWindows10を起動できるChromeOSクライアントを発表しています。

Parallels Desktop for Chrome OS の動作を見る

Chrome OS で Windows アプリを実行する

Parallels Desktop for Chrome OSを導入することによって、LinuxアプリとAndroidアプリに加えて、ChromebookでWindowsアプリを実行できるようになります。

現時点では、ParallelsのParallels Desktop for Chrome OSは企業に限定されて提供されていますが、ChromeOSに対応するものを展開しているのはParallelsだけではありません。

Parallels Desktop for Chrome OSはこちら

今ならWebから1年間無料でParallelsのParallels Desktop for Chrome OSを使用できるキャンペーンを行っています。

対象は企業になりますが、1名からの企業規模でも応募できるようです。

また、体験版もダウンロードできますので、試してみるのもいいと思います。

他の仮想化ソフト

仮想化サービスを提供する別の開発者であるCodeWeaversは、以前に専用のChromeOSクライアントを発表しました。

企業に限定され、最初にWindowsオペレーティングシステム全体をロードする必要があるParallelsとは異なり、CodeWeaversのCrossOverはすべてのユーザーが利用でき、Windowsアプリを直接起動してインストールできます。

CodeWeaversとParallelsはどちらも、ChromeOSでWindowsとの互換性を実現するために異なるアプローチを採用しています。

これらの仮想化ソフトによってWindowsアプリがChromeOSでどれだけうまく機能するかは非常に重要です。

Macでもそうですが、仮想化ソフトを導入前に考えているよりも遥かにうまく動作します。

ChromebookでWindowsアプリを使用するためには

Parallelsでは、Chrome OS内で別のオペレーティングシステムを実行しているため、少なくともIntel Core i5、16 GBのRAM、および最低でも128GBのSSDを搭載したハイエンドのChromebookが必要です。

もちろん、Intel Core i3、8 GB RAM、64 GBeMMCストレージを搭載したHPChromebook 14でも、Parallelsは驚くほど応答性が高く、問題なく機能していました。

ただし、安定性や実際にソフトを起動して使っていくことを考えるとCPUパワーやメモリー、ストレージはより良いものを必要とします。

Parallels Desktop for Chrome OS1

Adobe Photoshop、Microsoft Word、Mozilla Firefox、Slackなどの複数のデスクトップWindowsアプリ間でマルチタスクを実行しました。

これはChromeOS専用に設計されているため、ParallelsはChromeOSとも緊密に統合されています。

Chrome OS のファイルから Windows デスクトップ、ドキュメント、ダウンロード、カスタムの各フォルダーにアクセス

インターネットに接続できなくてもファイルとアプリにはオンラインでもオフラインでも十分にアクセス可能

したがって、WindowsファイルはChromebookのデフォルトのファイルアプリ(LinuxおよびAndroidフォルダーと一緒に)と同期します。

WindowsとChromeOS間でコピーして貼り付けたり、Parallelsからプリンタやワイヤレスキーボードなどのアクセサリに接続したりできます。

追加の設定は必要ありません。

Chromebookの組み込みChromeブラウザでWindows10からリンクを開くこともできます。

Parallels for Chrome OSの最も印象的なことは、その安定性です。

たとえば、Chromebookをスタンバイから立ち上げる場合、ParallelsのWindows10が起動することを待つ必要はありません。

すぐに再開され、Windows PCを使用しているかのように、Windowsアプリがバックグラウンドでアクティブなままになります。

その上、フル解像度で実行できたので、Chromebookを外部モニターに接続してParallelsアプリを外部モニターに表示させ、一方の画面にWindows 10を、もう一方の画面にChromeOSを表示することもできます。

ただし、多数のアプリとブラウザータブを使用してフレームを限界まで展開しようとすると、フレームドロップが発生しました。

そこで、ハイエンドのChromebookが本当に必要になると思います。

試した時点ではマルチタッチのWindowsジェスチャーとマイクのサポートもまだありません。

企業以外のChromebookユーザー向けのCrossOver

一方、CrossOverはより複雑で、シームレスな使い方に関してはParallelsにはるかに劣ります。

Googleの支援がなかったせいか、ChromebookのLinuxを利用します。

WineはLinuxやMacを使っている人なら馴染みのあるソフトですが、そのWineをベースにChromeOS用にチューニングし、Windows用の実行ファイルをLinux上で実行します。

つまり、基本的に、Windowsアプリを実行するために、合計3つのオペレーティングシステムを介してリソースを実行することになります。

また、もともとのベースがWineなので、Chromebookの中でもIntel CPUを搭載したChromebookでなければCrossOverは動作しません。

CrossOver ChromeOSはこちら

トライアルも可能で、Webから直接購入することになります。

価格は$39.95〜$59.95になっています。

CrossOverは、ウィンドウでWindows 10を起動するだけでなく、アプリごとに機能し、アプリをインストールするにはいくつかの手順を行う必要があります。

CPUエミュレーターではなく、仮想化ソフトでもないため、それほどハイスペックなChromebookではなくても動作します。

CrossOverは.EXEファイルをダウンロードするか、承認されたWindowsアプリのCrossOverのカタログから選択して、Chromebookに通常どおりインストールします。

動作するWindowsソフトは多いと思いますが、最新のソフトなどが動作しない場合はバージョンの古いソフトを試しにインストールすると動作するものも多いと思います。

いくつかの欠点はありますが、一度理解すればCrossOverは機能的には十分です。

Microsoft Officeなどの重要なWindowsソフトウェアにたまにしか使用することがなく、企業ではない個人のユーザーならCrossOverを試してみる価値はあります。

無料トライアルは14日間になりますので検証するには十分な期間になります。

ChromebookにWindowsアプリをインストールすることのもう1つのメリットは、オフラインで使用できることです。

Googleドキュメントのようなサービスはインターネットがなくてもオフラインでも使用することが可能なので問題ありませんが、すべてのウェブサイトがChrome OSでのオフラインアクセス用に最適化されているわけではなく、Linuxアプリは一般的に扱いにくいため使用できません。

 

Chrome OSにはWindows、Linux、Androidアプリが必要?

Chromebookが販売された当時のChromeOSは今とは大きく異なり、非常に単純でChromeOSのみが動作するデバイスでした。
その後、Androidアプリが使用できるようになり、Linuxが動作し、Windowsソフトも利用できるようになっています。
ここ数年で、Chromeブラウザ、プログラミングサイドプロジェクト用のLinuxターミナル、YouTube やSpotify、AMAZON PrimevideoなどのAndroidアプリ、さまざまなWindowsソフトを利用できるOSになっています。
その結果、1台でそれらの作業やアプリ、ソフトを利用したのなら、Chromebookは非常に魅力的になっています。
もし、長期の海外旅行に限られた荷物を持っていくことを考えたなら、迷わずChromebookを持っていきます。
ホテルではオンラインで仕事を行い、飛行機の中ではタブレットとして書籍や映画を鑑賞、オフラインでも作業ができるなら使い勝手はさらに向上します。

GoogleがChromebookを学校やクラウドのみのニッチな市場を超えて拡大しようと考えていることがますます明らかになっています。

Androidは、Chrome OSタブレット、開発者向けのLinux(GoogleはChromebook向けのAndroid Studioもリリースしています)、および企業向けのWindowsを有効にします。

手ごろな価格のChromebookやいろいろな形態のChromebookなどが販売されています。

価格も5万円をきる性能の良くなっているChromebookも多くなっています。

Chrome OSは、これまで以上に優れた、より高性能なコンピュータOSです。

今後さらに環境が整えば利用できることが多くなり、Chromebook自体の性能や様々なコンセプトで作られたChromebookが多くなると、市場シェアを今よりも増やすことは容易にできると思います。

まとめ

今回は、かんたんなParallelsのParallels Desktop for Chrome OSの紹介とCrossOverの紹介になります。

今度は実際にインストールして使用した際の記事もアップしていきたいと考えています。

現時点で1番のネックは大容量のストレージを搭載しているChromebookが少ないことです。

また、SSDを交換できる構造ならいいのですが、オンボードで接続されているChromebookが多く、SSDを交換できる機種が多くなると総合的な使い方ができます。

LinuxやAndroidアプリくらいなら128GB程度でも問題ないかもしれませんが、Windowsを仮想化ソフトを使って利用するとなると256GB、できれば512GBが必要になってきます。

今、512GBを搭載したChromebookも増えていますので、そういった機種が低価格になってくると環境がもっと整うと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です