Chromebook:WindowsからChromebookへ簡単に移行できるようにする方法

chromebook1

MacOSを使っているApple製品やWindowsが稼働しているPCに慣れている方にとってChromebookをセットアップするのは大変なことのように思えるかもしれません。

しかし、思ったよりも簡単にできます。

GoogleのオペレーティングシステムであるChromeOSは、操作が簡単で、従来のOSにありがちな複雑さと学習が必要な事を省いて、簡単な操作性と直感的な使用感を提供します。

Chromebookはほとんどのノートパソコンよりも簡単ですが、実際にWindows10からChromeOSに切り替えるプロセスを簡単にするために実行できるいくつかの手順があります。

Chromebookを準備するための7つのヒントを次に示します。

画面の解像度を調整する

Chromebookの画面のコンテンツ(テキストやボタンなど)は、デフォルトでOSがディスプレイのサイズと解像度で最もよく見えると考えるものに基づいて調整されています。

ただし、人によってアイコンやテキストが小さすぎたり大きすぎたりする場合は、解像度をカスタマイズする設定があります。

これを行うには、Chromebookの[設定]ページにアクセスし、[デバイス]セクションで[ディスプレイ]をクリックします。「表示サイズ」スライダーを調整して、画面の解像度を好みに合わせます。

カーソルを見つけやすくする

マウスカーソルは小さく、見つけるのが難しい場合があります。

Chromebookでは、いくつかの追加の調整を適用して、見つけやすくすることができます。

[設定]に戻り、[詳細設定]> [ユーザー補助]に移動します。

[ユーザー補助機能の管理]を選択します。「マウスとタッチパッド」カテゴリが見つかるまで下にスクロールします。

ここには、カーソルの外観を変更するための設定があります。

手始めに、「大きいマウスカーソルを表示する」でマウスカーソルの寸法を大きくすることができます。

その下には、カーソルの色を替えるためのドロップダウンがあります。

カーソルが動いているときはいつでも、カーソルの周りに赤い境界線を表示する設定もあります。

これを行うには、「移動中にマウスカーソルを強調表示する」をオンにします。

AndroidスマートフォンでChromebookのロックを解除する

Chromebookをセットアップする人がAndroidスマートフォンを持っている場合、ログインするためにPINコードやパスワードを覚えておく必要はありません。

ChromeOSを使用すると、AndroidスマートフォンをBluetoothの範囲に入れるだけでパソコンのロックを解除できます。

Chromebook Flip C4341 [設定]> [接続されたデバイス]に移動し、[セットアップ]ボタンをクリックしてAndroidフォンをペアリングします。

画面の指示に従い、完了したら、この同じページに戻ります。

「SmartLock」の横にある切り替えをオンにすると、準備が整います。

これで、ログイン画面が表示されているときはいつでも、Chromebookは接続されているAndroidスマートフォンを探します。

デバイスが検出されると、小さなロックアイコンが緑色に変わり、認証されたことを示します。

Enterキーを押してログインするだけです。

CapsLockキーを元に戻す

ほとんどのWindowsユーザーは、Chromebookにはない機能であるCapsLockキーに慣れています。

代わりにChromebookでは、すべて大文字で入力するためのキーボードショートカットを使用する必要があります。

Chromebook Flip C4341

その際にはSearchasCapsLockなどの組み込みの特殊キーの1つを利用できます。

これにアクセスするには、[設定]> [デバイス]> [キーボード]に移動し、[検索]ドロップダウンで[CapsLock]を選択します。

音声入力

Chrome OSでは、WindowsやMacOSの音声入力のように入力する方法はキーボードだけではありません。

Chromebookにテキストを入力する際に音声入力ですることもできます。

Googleアシスタントも使用できますので、簡単な操作もLineなどのメッセージも音声で行うことができます。

オンにするには、[設定]> [詳細設定]> [ユーザー補助]にアクセスし、[キーボードとテキストの入力]で[音声入力を有効にする]設定をオンにします。

有効になったら、キーボードを使用する代わりに、任意のテキストフィールドで「検索+ D」を押して、入力したい内容を話すことができます。

または、画面の右下隅にある新しいマイクボタンが音声入力をオンにすることによって表示されるのでそのマイクアイコンを押すこともできます。

入力に満足できない場合は、「Esc」キーを押して、入力したすべてのものを削除することができます。

起動音を有効にする

Chromebookは、起動時に起動音がなりません。

WindowsやMacのように起動音がないとパソコンが準備できたか不安な場合には設定から手動で起動音を有効にすることを選択できます。

Chromebookの[設定]を開き、[詳細設定]> [ユーザー補助]> [ユーザー補助機能の管理]に移動します。

一番下までスクロールして、[起動時にサウンドを再生]設定をオンにします。

Chromebookは、ログイン画面で簡単な起動チャイムを再生します。

タブレットモードでナビゲーションボタンを表示する

Chrome OSタブレットでナビゲートするためのジェスチャは、Chromebookに慣れていない人にとっては扱いにくいと感じる部分です。

したがって、Chromebookがタブレットモードになるタイプの場合は、従来のナビゲーションボタンのセットに戻すのことができます。

Chrome OSでこれを行うには、[設定]> [詳細設定]> [ユーザー補助]にアクセスし、[ユーザー補助機能の管理]を選択します。

この画面の下部に移動し、[マウスとタッチパッド]セクションで[ナビゲーションボタンを表示する]を有効にします。

これを行うと、ChromeOSでタブレットモードの際にボタンを使用してホームに戻ったり、アプリを切り替えたりすることができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です