Chromebook:Chromebookを再利用または活用 CloudReadyをインストール

chrome-os

Chromebook はそれぞれGoogleのサポート期間が設定されていて、その期間を過ぎるとアップデートできなくなりセキュリティーなどの面や新しい機能を利用できなくなるため、一般的に使えないパソコンと言うことになります。

すでに初期に販売されたChromebookの中にはサポートがなくなったChromebookもあります。

そういったChromebookはヤフオクやメルカリなどで2,000円や4,000円で販売されていて、ほとんど競合することなく購入する事ができます。

もちろん、すでに購入しているChromebookがサポート切れになることもあります。

そういった時にはCloudReady をインストールすることが最適な方法かもしれません。 

 

CloudReady

現在Google が所有する CloudReady は、Chrome OS の簡素化されたバージョンと考得ることができます。

見た目も機能もほぼ同じです。

違いは、スクリーン セーバー モードや Android アプリなどの Google の最新機能がないことです。

しかし、Web を閲覧することや本来のChromebookの使い方で利用したい場合は、CloudReady は Chrome OS と完全に同じように利用することができます。 

CloudReady は無料で、USBなどの外付けドライブでも動作し、インストールも可能です

CloudReadyをダウンロード

WindowsやLinuxのように、ChromeOSをダウンロードしてパソコンにそのままインストールすることはできません。Chrome OSはクローズドソースであり、正規のChromebookもしくはChromeOSをを搭載したパソコンでのみ利用できます。ただし、ChromiumOSはChromeOSと90%同じ内容です。

ChromiumOSでさらに重要なのは、それがオープンソースであるということです。必要に応じて無料でChromium OSをダウンロードし、今持っているパソコンにシステムを構築することができます。

ChromiumのOSを提供する会社のひとつにNeverware社があります。NeverwareCloudReadyを提供します。これは、Chromium OSを調整した内容であり、x86プロセッサを搭載したコンピュータをChromebookとほぼ同じものに変えます。エンドユーザーは、インストールUSBを作成し、それを古いコンピューターで起動する以外に何もする必要はありません。

これにはUSBメモリーが必要です。USBにあるすべてのファイルはUSBドライブから消去されるので、必要に応じてバックアップしてください。

  1. Neverwareのウェブサイトに行きます。
  2. 下にスクロールして、[ DOWNLOAD USB MAKER]を選択します。
  3. DOWNLOAD USB MAKERのダウンロードが完了したら、.exeファイルを開いて実行します
  4. USBドライブをコンピューターに挿入します。
  5. インストールに関しては、次の項目でインストールUSBを作成する手順を説明します。

 

CloudReadyをインストールします

USBインストールドライブを作成したら、実際に古いノートパソコンにインストールします。

先に作成したのUSBメモリーをパソコンに装着して起動します。起動する方法は機種によってBIOSの設定や起動メニューで指定、または起動ディスクのない状態(HDDがフォーマットされている状態)などで方法は違います。なん通りかありますので慣れいる方法で作成してください。また、使用していたパソコンは消去されますのでバックアップが必要になります。

  1. ローカルファイルをGoogleドライブなどにバックアップします
  2. ノートパソコンの電源を切ります。
  3. ノートパソコンのUSB端子に起動用のUSBメモリーを装着。
  4. ノートパソコンの電源を入れて、ブートメニューが表示されるようにします。
    • 正確なキーの組み合わせはメーカーによって異なります。使用している東芝ののーとパソコンでは、PCの起動時にF9キーを押してブートメニューを開きます。
  5. 起動デバイスのリストからUSBドライブ選択します
  6. 問題が発生しなければ、CloudReadyのロゴが画面に表示されます。
  7. そのロゴが表示されない場合は、コンピュータモデルのUSBドライブから起動する方法を検索し、適切なBIOS設定であることを確認してください。
  8. USBドライブはそのままにして作業を続けます。

ここから、ノートパソコンのセットアップに入りますが、セットアップの内容は新しいChromebookをセットアップすることと同じ内容になります。

非常に簡単で、入力するのはWi-Fiの設定とGoogleのアカウント程度です。

ここから、CloudReadyを完全にインストールするかどうかを選択し、いくつかのコンポーネントをインストールすることができます。CloudReadyを完全にインストールする前に、使用する周辺機器またはアクセサリを接続して、正しく機能することを確認してください。

  1. 右下隅にあるプロフィール写真をクリックします。
  2. CloudReadyのインストール]をクリックします。
  3. [ハードドライブの消去]をクリックして、CloudReadyをインストールします
  4. インストールには約20分かかります。インストール中にラップトップがスリープ状態にならないように、AC電源を接続します。
  5. インストールが完了すると、コンピューターはシャットダウンします。USBを取り外し、コンピューターの電源を入れて使用を開始します。

 

CloudReadyとChromeOSとの違い

ノートパソコンを使い始めると、Chromebookを使用したことのある方なら標準のChromebookと非常によく似ていることに気付くと思います。

しかし、いくつかの微妙な違いがあります。

  • GooglePlayストアやAndroidアプリケーションのサポートはありません。
  • CloudReadyは、標準のChromebookとバージョンが違います。
  • 独自のメディアコンポーネントをインストールするには、[設定]に移動する必要があります。
  • 右下隅のロゴは、フルカラーのChromeロゴではなく、青いChromiumロゴになります。

つまりGooglePlayストアを使えないことを除いて既存のChromebookと違う部分は少ないシステムになります。

標準のChromebookと比べると見た目が少し異なります。ただし、Chrome拡張機能とアプリはすべて正常に機能し、ウェブサイトは正常に読み込まれ、パソコンは以前よりも安全になります。

古いWindowsノートパソコンを優れたChromebookに変更することは、速度が低下し始めたパソコンを再利用するための優れた方法です。OSが古くなったために更新が行われなくなった場合や、性能的に最新のOSを利用する事が難しく、普段の仕事や作業がブラウザーベースで行っているならChromeベースのOSをインストールする意味はあります。

まとめ

古いパソコンにインストールするOSとしてはLinuxが有名で書籍や情報が多く、環境が整っています。

古いChromebookにCloudReadyをインストール意味は、サポートのなくなったChromebookを活用するには良い方法です。

古いパソコンならWindowsパソコンでもインストールできますがChromebookは持ち運びに適していて小型で軽いのでサブ機には最適です。

今持っている古いChromebookはもちろん、サポートが切れたChromebookを数千円で購入して、まずChromebookを体験してみて、その後にCloudReadyをインストールして李揺することも可能です。

もちろんAndroidアプリを利用することができないので専用のChromebookと比較すると限定された使い方になりますが、基本部分は体験できますので、試しに使ってみて、自分に合っていると思ったらもっとハイスペックのChromebookを購入することをお勧めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です