Chromebookのレビュー:Acer Chromebook Spin311

Acer Chromebook Spin311

AcerのChromebookSpin 311は、標準的な11.6インチChromebookのように見えます。

Spin 311はAndroidタブレットとしての旅レットモードで使用が可能で、タッチスクリーンを360度回転させてタブレットモードになります。

アマゾンの販売価格は31,346円となり、中古市場では23,000円前後で程度の良いChromebook Spin 311が手に入ります。

程度が良いのなら、発売時期から考えてもバッテリー性能が劣化していることもありませんので、中古品で良いような気がします。

 

Spin 311 AMAZON

 

Acer Chromebook Spin311のレビュー

Acer Chromebook Spin311の評価

長所

  • 低価格で2-in-1の多様性
  • 応答性の高いキーボードとタッチパッド
  • USBType-AポートとUSBType-Cポートを搭載

短所

  • 厚いベゼルを備えた小型の低解像度ディスプレイ
  • わずか32GBの内部ストレージ
  • 短いバッテリー寿命

 

設計

Spin 311は、ちょうど12インチのMacBookを厚くしたようなChromebookのように見えます。

コンパクトな筐体はシルバーで、マットブラックのキーボードとピアノブラックのディスプレイベゼルがコントラストを生み出しています。

Spin311の頑丈なベゼルの効果により、全体的なデザインが一昔前のデザインに感じてしまい、ディスプレイが実際よりもさらに小さく見えるようになります。

Acer Chromebook Spin311 Acer Chromebook Spin311

表示

Spin 311の11.6インチ、1366 x 768 IPSでタッチスクリーンになっており、同じ価格帯で販売されていたChromebookの平均的性能になります。

フルHDビデオを表示するには不十分で、ディスプレイの近くで見ると少しざらざらしているように見えますが、1080p画面はこの価格では提供されていません。1,366 x 768のピクセル測定値は、この画面サイズ以下では標準的です。

Acer Chromebook Spin311

 

キーボードとタッチパッド

キーボードは少し窮屈に感じますが、日本人ではおそらく大きさ的には適している人が多いと思います。

キーの感覚は少し狭いですが、反応が良くストレスは感じません。

その価格の他のChromebookと同様に、Spin311にはキーボードのバックライトがありません。

ボタンのないタッチパッドは、マウスのジェスチャーを正確に認識し、クリックに対してもしっかりとした反応をしますので、作業に集中することができます。

Acer Chromebook Spin311 Acer Chromebook Spin311

オーディオ

Spin 311の筐体の底から下向きに発射するステレオスピーカーは、若干小さな音になります。

ビデオやゲームには十分ですが、音楽を再生するには、ヘッドフォンまたはBluetoothスピーカーが必要です。

Spin 311は、Bluetooth 5を提供します。

パフォーマンス

デュアルコアIntelCeleron N4000プロセッサと4GBのメモリを備えた、Spin 311は、ChromeOSをスムーズに操作するのに十分な性能を提供します。

Chromebookの平均である10秒で起動し、ほとんどのChromebook的なつか方でスムーズなパフォーマンスを提供します。

十数個以上のブラウザタブを開いたときだけ、ちょっと遅く感じましたが、WindowsなどでChromeブラウザーを同じように使うともっと遅くなります。

 

バッテリー寿命

Spin 311の電池寿命をテストするために、ストレージに保存された動画を視聴します。

画面の明るさは50%、音量は100%、Wi-Fiはシステムが終了するまで無効に設定されています。

この状態でバッテリー駆動時間は約8時間30分になり、消費電力を抑えた小型のディスプレー搭載したChromebookとして考えると、少し駆動時間が短いように感じます。

ただ、フル充電であれば本体だけを持ち運んで仕事や授業を受けるには十分な性能になります。

ウェブカメラ

ディスプレイの上の720pWebカメラは、許容できるビデオ品質を提供します。

画像はコントラストがはっきりしていて、肌の色がわずかに赤みがかっています。

ズームスなどの小さな表示では特に問題は感じません。

Spin 311はほとんど厚くならずに動作します。ビデオを再生しているときでさえ、使用中にデバイスがそれほど熱くなることはありませんでした

 

まとめ

手ごろな価格の汎用性

プラスチック製の筐体と、Intel Celeronプロセッサと4GBのメモリを搭載した11.6インチのディスプレイを備えた、Acer Chromebook Spin 311は、一見、エントリーレベルのARMベースモデルから1つのChromebookのように見えます。

タッチパネルと360度変形してタブレットモードになるSpin 311は、Chromebookに加えてAndroidタブレットにもなり、性能以上の使い勝手があります。

基本性能も当然3年ほど前のChromebookよりは上がっていますので、軽快に利用することができます。

 

Acer Chromebook Spin311 Acer Chromebook Spin311

 


メーカーより

1

Acer Chromebook Spin 311

Chromebook Spin 311は、受け持ちクラスとプロジェクトのすべてを一手に引き受けてくれるコンバーチブルタイプのウルトラポータブル Chromebook です。タイピング性能とバッテリーライフの向上やコネクティビティ機能搭載により、1日中どこでもあなたのお役に立ちます。

ACER CHROMEBOOK SPIN311の仕様

ラップトップクラス コンバーチブル2-in-1、Chromebook
プロセッサー Intel Celeron N4000
プロセッサ速度 1.1 GHz
RAM(テスト済み) 4ギガバイト
ブートドライブタイプ eMMCフラッシュメモリ
ブートドライブ容量(テスト済み) 32 GB
画面サイズ 11.6インチ
ネイティブディスプレイ解像度 1366 x 768
タッチスクリーン 番号
パネルテクノロジー IPS
可変リフレッシュのサポート 無し
画面のリフレッシュレート 60 Hz
グラフィックプロセッサ インテルUHDグラフィックス600
ワイヤレスネットワーク 802.11ac、Bluetooth
寸法(HWD) 20.6 x 29 x 1.9 cm
重量 1.05 kg
オペレーティング・システム Windows10ホーム
テスト済みのバッテリー寿命(時間:分) 8:37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です