Chromebookのレビュー:Acer Chromebook 512 C851

Acer Chromebook 512 C851

最新のChromebookは確かに良いと思いますが、初めてのChromebookは使い方もわからず、どういったことに使えるのかもわからない状態です。

そういった場合に中古で低価格なChromebookを利用すると、リスクなくChromebookを体験することができます。

今回はAcer Chromebook 512 C851になります。

今状態の良い中古では20,000円程度で購入する事ができるAcer Chromebook 512 C851はそういった意味で候補のひとつになります。

 

Acer Chromebook 512 C851のレビュー

Acer Chromebook 512 C851はの評価

初めてChromebookを使う人や子供には最適なChromebook。

教育市場向けに開発されたAcer Chromebook 512 C851は学生にも最適なChromebookになります。

良いところ

  • デザイン性の高い筐体
  • バッテリー駆動時間
  • Androidアプリを実行します
  • キーボードが打ちやすい

悪いところ

  • 180度まででタブレットモードにならない。

Chromebookに求める性能として360度に動いてタブレットモードになる、タッチスクリーン、スタイラスで入力ができると言うことがあります。

これらはChromebookでAndroidアプリを使う前提で考えると必要な機能です。

しかし、Acer Chromebook 512 C851には、タブレットモードの機能はありません。

それにもかかわらず、Acer Chromebook 512 C851には魅力があります。

非常に軽量でありながら、教育市場向けに頑丈に作られています。

球体のデザインもよく、持ったときの安定性も抜群です。

12インチ4:3の画面は、通常の11.6インチの小さなChromebook画面よりも十分に大きいため、作業を行う際に非常に快適です。

また、優れたコントラストと発色性を備えているため、動画などを視聴するときに1080p以外の解像度にも十分対応します。

キーボードは打ちやすく高速でタイピングをしてもかなり快適です。

トラックパッドのクリックは少し不安定ですが、ジェスチャーや指のタップに正確かつ迅速に反応します。

設計

全体的に黒い筐体で天板にはchromeのような模様があり、シャープさと共に持ち運ぶ際の滑り止めにもなっています。

Acerらしいデザインで、筐体は堅牢な作りなので、持ち運びに不安はありません。

Acer Chromebook 512 C851 Acer Chromebook 512 C851

ディスプレーは180度まで開き、机に向かい合って相手に見せながら説明する用途に対応することができます。

サイズは20.4 mm x 296 mm x 228.7 mm

重さは1,29gになります。

表示

12インチのディスプレイで表示領域は1,366×912ドット。

アスペクト比3:2。10点タッチ対応になります。

発色性やコントラストも十分なので動画の視聴などでも特に問題は感じません。

Acer Chromebook 512 C851

キーボードとタッチパッド

筐体が12インチのディスプレイサイズなので、Acer Chromebook 512 C851にのキーボードはサイズに余裕があり非常に快適で打ちやすく、小さいサイズのChromebookに多く見られるキーボードよりは優れています。

キーピッチは約19mm

タッチパッドもサイズが10.5cm×7.8cmと大きめのサイズなので使いやすく、ちょっとクリック感が足りないような気もしますが十分に使えます。

Acer Chromebook 512 C851

オーディオ

オーディオに関しては特に特記することのない標準的な音になります。

スピーカーは筐体の底面にあり、反射して聞こえるようになっています。

音楽や動画のライトな再生なら十分に感じます。

パフォーマンス

CPUはCeleron N4000のGemini Lakeになっています

クロックは1.1GHzから最大2.6GHz。キャッシュは4MB。

メモリはLPDDR4-3200 SDRAMで4GB。

Acer Chromebook 512 C851は、CPUはCeleron N4000のGemini Lake、クロックは1.1GHzから最大2.6GHz。キャッシュは4MBを搭載しています。

このプロセッサは、ChromebookおよびAndroidアプリの実行用に最適化かされて設計されています。プロセッサは4GBのRAMと一緒に動作します。

全体として、Acer Chromebook 512 C851の動作は軽快です。スペック的には高機能ではありませんが、ChromeとInstagram Androidアプリで10個のタブを開いたまま、1080pビデオの再生を問題なく処理できました。すべて、速度を落とすことはありませんでした。

バッテリー寿命

Acer Chromebook 512 C851Aは、Wi-Fiを介した継続的なWebサーフィンを含むバッテリーテストで12時間26分持続する、かなり強力なバッテリー性能を提供します。

ウェブカメラ

ウェブカメラに関しては標準的な性能で、このクラスのパソコンに搭載されているWebカメラと同じようになります。

テレワークのビデオ会議やビデオチャットでは十分な性能です。

Acer Chromebook 512 C851比較的熱を持たずに動作します。ビデオを再生しているときでさえ、使用中にデバイスがそれほど熱くなることはありませんでした。

結論

Acer Chromebook 512 C851は価格の割には十分に使用できる性能と、充電することなく終日利用できるバッテリー駆動時間で初めてChromebookを利用したい方に最適です。

その黒いデザインはスタンダードなデザインですが、中古を2万前後で購入できるのは、これからChromebookを試したい人や子供にパソコンを使わせたい人にはお勧めです。

まだ、Googleのサポート期間も残っており、ストレージも32GBありますので、chromeOS、Androidアプリ、そしてLinuxも試すことができます。

あくまでも使える性能ということで、本格的にAndroidアプリやLinuxを利用したい場合はストレージの容量は足りません。

その時にはより高機能なChromebookの利用を考えると思います。

 

Acer Chromebook 512 C851の仕様


仕様 C851-P96S
メモリー 8 GB
CPU N5000
ディスプレイサイズ 12インチ
ストレージサイズ 32 GB
グラフィックスカード インテルUHDグラフィックス605
WI-FI Wi-Fi 5(802.11ac)
オペレーティング・システム Chrome OS
重量(g) 1.4 kg
部品番号 NX.H96AA.002
発売日 43599
EAN / UPCコード NX.H96AA.002
プロセッサフ​​ァミリ Intel Pentium
プロセッサー周波数 1.1 GHz
プロセッサーブースト周波数 2.7 GHz
プロセッサコア 4
プロセッサスレッド 4
プロセッサキャッシュ 4 MB
内部メモリ 8 GB
内部メモリタイプ LPDDR4-SDRAM
パネルタイプ IPS
ディスプレー解像度 1366 x912ピクセル
互換性のあるメモリカード MicroSD(TransFlash)、MicroSDXC
カード読み取り装置? Y
ストレージメディアタイプ 閃光
バッテリー技術 リチウムイオン(Li-Ion)
バッテリーセルの数 3
高さ 20.4 mm
深さ 228.7 mm
296 mm
寸法 20.4 mm x 296 mm x 228.7 mm
ACアダプター電源 45 W

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です