Chromebookの使い方:Chromebook Windowsソフトウェアを使用することができます。

chromebook1

ChromebookやchromeOSで直接Windowsのソフトウェアを動かすことはできません。

しかし、ChromebookでLinuxを実行できるようになったら、wineというLinuxアプリを使用してChromebookでWindowsのソフトウェアを実行することができます。

ChromebookやLinuxで適当なアプリがない場合で、どうしてもWindowsのソフトを使う必要がある場合はLinuxでWindows互換レイヤーの「Wine」などの機能がありますので、一部のWindowsソフトを動かすことができます。

すべてのソフトが使えるわけではありませんが、ダメ元で試すことはできます。

WindowsにはLinuxよりも優れたソフトウェアが数多くあり、PhotoshopやBraveBrowserなどのLinuxでは利用できないアプリをインストールすることができます。

これらのWindowsアプリはLinuxで動作することが可能で、Linuxは仮想化ソフトのように使ってChrome OSで動作する事ができます。

これらのアプリは対応していれば軽快な動作で、スペックの高い強力なChromebookはストレスなく機能します。

インストールするには、ターミナルを開いてコマンドを実行します

sudo apt-get install wine

WineはIntelベースのChromebookでのみ機能し、ARMベースのChromebookでは機能しません。

WineはAndroidアプリとしても利用でき、Chromebookにインストールして完全に機能しますが、インストールできるのはWindowsRTアプリのみです。

互換レイヤー「Wine」導入前に

WineはWindowsのカーネルの動きを再現したプログラムやWindowsのソフトがよく使うDLLの代わりになるものを数多く用意しているので、動作するソフトウェアなら速度が遅くならずに利用できるメリットがあります。

対応していないものは動作しないので、試す必要があります。

また、WindowsのソフトでなくてもLinuxやchromeOSで利用できる代替のアプリがある場合は、Wineは便利な技術ですが手間がかかり、動作が不安定なソフトもありますので高機能なChromebookを使って、無理に使う必要があるのかは検討する必要はあります。

Wineを利用する前に

  1. そのアプリのchrome版やLinux版、Android版がないか?
  2. chrome版やLinux版、Android版で代替できないか?
  3. Webアプリやブラウザーで代替できないか

 

利用する前にこれらの手段で解決できないか検討することをお勧めします。

 

「Wine」導入前に関して

Wineはいろいろとバージョンがあり、新しいと良いわけではありません。

今まで使えていたソフトも新しいバージョンでは動作しなくなると言った事も起こります。

その部分は違うバージョンのWineをインストールするために、今インストールされているWineを削除して、新しく違うバージョンのWineをインストールする必要があります。

 

「Wine」導入前する意味

Wineを導入する意味として考えるとchromeOSでできることはchromeアプリ、Androidアプリ、Linuxアプリを利用できることを考えると、それほど重要ではないかもしれません。

それよりも、もしかしたら昔遊んでいた古いWindowsゲームなどを動かして遊ぶなどの用途や年賀はがき(今ではブラウザーで動作するものもあります)などに限定されるかもしれません。

海外では古いWindowsゲームのソフトがWine上で動作するか検証しているサイトもあります。

それを見ると、特に設定しなくても有名なゲームが動作することがわかります。

WineHQでもアプリケーションの動作チェックを行っていて、膨大なソフトのデーターベースがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です