Chromebookの使い方:Chromebookでファイルを圧縮および解凍する方法

chromebook1

WindowsやMacとは異なり、Chromebookではzipファイルを通常は開く事かできません。

zipファイルをそれぞれ個別のストレージとして認識し、外付けハードディスクのようにマウントします。

Chromebookでファイルを圧縮および解凍する方法の手順は次のとおりです。

Chromebookでファイルを圧縮する方法

圧縮するファイルを選択するにはプリインストールされているファイルを起動します。

目的のファイルが収納されている場所を選択しファイルを圧縮するには、zipファイルにしたいファイルを選択します。

選択はキーボードの「Ctrl」キーを押し、ファイルをタップして選択します。

同様の方法で複数のファイルを選択することもできます。

選択されたファイルにはチェックマークが付きます。

Chromebookでファイルを圧縮する方法

次に、トラックパッドを右クリックもしくは2本指でタップし、ポップアップメニューを表示します。

ポップアップメニューの下の方にZIP圧縮と表示されいますので[ZIP圧縮]を選択します。

Chromebookでファイルを圧縮する方法

ZIP圧縮を行うと同じ場所に同じ名前でZIPファイルがが作成されます。

選択したファイルはそのまま残ります。

Chromebookでファイルを圧縮する方法

デフォルトでは、ファイルの名前は「圧縮元のファイル名.zip」に設定されます。

ただし、2本指でファイルをダブルタップし、メニューが表示されるので[名前の変更]を選択して、zipファイルの名前を変更することができます。

このようにして、Chromebookでzipファイルを作成し、オンラインで誰にでも送信したり、GoogleドライブやUSBメモリーに保存することができます。

Chromebookでファイルを圧縮する方法

Chromebookでファイルを解凍する方法

ファイルを解凍するには、zipファイルをダブルクリックして、個別にマウントされたストレージとして開きます。

Chrome OSでは、マウントされたファイルが左側のサイドバーに表示されます。

Chromebookでファイルを解凍する方法

そのサイドバーに表示されたZipファイルを選択すると、通常のストレージのように中のファイルが表示されます。

この操作の仕方は本当のストレージにファイルがあり、そのファイルを好きな場所に移動する操作に似ています。

ファイルを抽出するには、抽出するファイルを選択します。

すべてのファイルを抽出する場合は、Ctrl + Aを押してすべてのファイルを選択します。

また、個別にファイルを選択して解凍することもできます。

Chromebookでファイルを解凍する方法

次に、右クリック/ 2本の指でタップして、ポップアップメニューを表示してコピーを選択。

Chromebookでファイルを解凍する方法

次に、ファイルを展開したい場所(ストレージやフォルダーなど)を選択して、右クリック/ 2本の指でタップし、ポップアップメニューの[貼り付け]を選択して、そこにファイルを貼り付けます。

Chromebookでファイルを解凍する方法

これで、zipファイルの解凍は終わりましたので、サイドバーにあるZipファイルアイコンをタップして、zipファイルのマウントを解除します。

 

Chromebookでファイルを解凍する方法

サードパーティの圧縮、解凍アプリを使用

デフォルトでChromeOSは.zipおよび.rar形式の圧縮ファイルのみを開くことができます。

他の圧縮ファイル形式を解凍するには、Chrome拡張機能をインストールする必要があります。

通常はzipおよび.rar形式の圧縮ファイル形式でも問題はないと思いますが、chromeOSの圧縮や解凍作業は煩雑なので操作が面倒に感じる部分もあると思います。

解凍や圧縮する場合に、chromeの拡張機能を使ったり、他のWindowsパソコンを利用したり、Linuxソフトを使ったりAndroidアプリを使う方法もあります。

Windowsのパソコンを所有していますので、環境も整っているWindowsが個人的には最も簡単です。

しかし、出先や出張してChromebookだけを持って行っている場合には、現地でファイルを展開する必要があるときに使うので覚えていた方が良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です