Chromebook:WindowsからChrome OSへの乗り換えについて

新しいChromebookをセットアップする方法

ChromebookでChrome OSを使い始める前から、何度か試しに利用したことはあります。

その際に低価格なことと、ブラウザベースのインターフェース、そして起動や動作が速いことなど注目する機能を搭載していることは知っていました。

しかし、初めて触れたのが5年以上前で環境がそれほど整っておらず、タブレットよりもできることが限定的だったと思います。

その後バージョンアップを重ね機能は限られていますが、Chrome OSは、ブラウザー上での作業、いくつかのカジュアルゲーム、動画の視聴まである程度Windowsに期待することを非常にうまく実行します。

Chromebookを本格的に利用し始めてしばらくがたちますが、ほとんどの作業でWindowsを利用せず、メインのパソコンとしてChromebookを使用しています。

直感的なインターフェース

Chromebookを使い始めてから2つの事に気づくと思います。

1つはとても速いことです。これはWindowsパソコンやMacを使っている方が予想するよりも速いと思います。

2番目に、Chromebookを初めて触っても直感的に操作ができる点です。

特にWindowsやMacでChromeブラウザに慣れている場合は、Chromebookを使用して違和感を感じ利己とはないと思います。

実際、セットアップの際に必要なのはWi-Fiのパスワードを入力することとGoogleのアカウントにログインすることだけです。すべての拡張機能、ブックマーク、閲覧履歴など今までchromeを使っていた際の情報は、Chromebookに自動的に同期されます。

しかし、Chromebookを使い始めて不満がないわけではありません。

タッチスクリーン機能を持たないChromebookでは操作性がタッチスクリーン機能を搭載してChromebookと比較して極端に落ちることです。

特に、その傾向はAndroidのアプリを使用する際に顕著になります。

今、使用しているChromebookはASUS Chromebook Flip C434TA-AI0095になります。

ASUS Chromebook Flip C434TA-AI0095

ASUS Chromebook Flip C434TAは、14インチの画面を備えていますが、これはChromebookの中ではタッチスクリーン機能など充実した機能を持っています。

これくらいの機能を持っているといくつかの不満がありますがchromeOSやAndroidアプリを利用して十分使う事ができます。

Chrome + Android =両方の長所

ChromebookでAndroidアプリとLinuxアプリを実行できるようになったので、Chromebookに関する環境は大きく変わりました。

AndroidアプリやLinuxアプリがChromeOSの足りない機能を補い、使用環境を改善することができます。

あらゆる種類の作業や使い方に対応するAndroidアプリを簡単に見つけることができます。

ただし、当然Androidアプリを使用しているときはChromebookもキーボードとトラックパットの付いたAndroidタブレットを使用しているように感じます。

Androidアプリの中にはスマートフォンの表示領域で固定されているため、デスクトップレイアウトで動作するように最適化されておらず、タッチパッドで正しく動作しないものもあります。

また、Chromebookにインストールできない(対応機種ではない)Androidアプリは最初からインストールできませんが、その他のアプリは自分でダウンロードするまで、どのアプリが機能し、どのアプリが機能しないかを知る方法はありません。

一応ChromebookのGooglePlayストアのメインページでダウンロードできるアプリを提案しています。これらのアプリは完全に最適化されており、Chromebookで機能します。

このAndroidアプリのおかげで、今では映画やテレビ番組をダウンロードして、Windowsでは不可能なNetflixやアマゾンPrimeを使ってオフラインで映画やドラマを視聴できるようになりました。

dマガジンで雑誌を見たり、AMAZON Kindleで本をダウンロードして読むことが出来るようになりました。

もちろん数多くあるゲームも楽しむことができます。

「ChromeBookメーカーへの要望」

512 GBを超える内部ストレージを搭載したスマートフォンやタブレットがありますが、ほとんどのChromebookには、128GBのストレージすらありません。

もちろんChromebookのコンセプトとしては内蔵ストレージではなくクラウドにデーターを保存するため最低限の容量で使用できるようになっており、Chromebookはそのために設計されていないことは承知しています。

しかし、AndroidアプリおよびLinuxアプリを本格的に利用する場合は16GBはもちろん32GBなどの場合はマイクロSDなどにできるだけ退避させることも可能ですが、そうできないアプリも多くコンテンツをダウンロードすると直ぐにストレージがなくなります。

ストレージの容量が512GBのChromebookも販売されていますが、それらは高機能のChromebookになっており、15万円以上の価格になります。

せめて256GB程度のストレージを搭載したChromebookが7万円から8万円で販売されると個人で利用する人もChromebookに乗り換えがしやすくなると思います。

Chromebookに対する希望

Google製のAndroidとChromebookの両方を使用出来るようになって、両方のChromeOSとAndroid間のシームレスな同期を期待していました

AndroidアプリのchromeOSへの対応もGoogle側ではほとんど進んでいないように思います。

スマートフォンの指紋センサーを使用してChromebookのロックを解除でき、デバイスを切り替えて閲覧できる機能がありますが、それ以外にできることは何もありません。

この部分はAppleのMacとiPhone、iPadとの親和性には遠く及びません。

しかしWindowsに関してはChromebookと同じような環境になります。

ChromebookはWindowsの代わりになるのか

最近、より強力なChromebookが登場し、NetflixやAmzonprimeなどのストリーミングサービスが普及するにつれて、Chromebookの利用価値は向上しているように思います。

ブログや簡単なレポートを書いたり、ビデオを見たり、メッセージを送ったり、メールをチェックしたりするだけでよい場合、Chromebookは少ない費用で、場合によってはWindowsよりも優れた使い方ができます。

低価格ではるかに高速に動作し、ドライバーなどの問題に直面する事もありません。しかし、それ以上のことは、ChromeOSで完全にWindowsを置き換えることはできません。

モバイルやテレワークの使い方では問題はありませんが、Chromebookにもう少しストレージ容量があり、PhotoshopなどのAdobe Creative Cloudサービスをサポートしてホームページまで作れるようになると状況も変わるのですが。

とりあえず、ほとんどの作業はChromebookで対応可能なので、メインのパソコンはWindowsやMacでChromebookはサブ的に利用することが今のところ一般的になると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です