Chromebook:2022年 Chromebookでゲーム Chromebookで動くエミュレータ各種

Chromebook:Chromebookをニンテンドウ64に変える Mupen64Plus(N64エミュレーター)

Chromebookでプレイできるエミュレータ

Chromebookは、起動が簡単なブラウザをを中心としたChromeOSを提供するだけでなく、Androidアプリをインストールして実行することもできます

ChromebookではAndroidアプリとブラウザアクセスの組み合わせにより、ゲーム機として安価にシステムを構築することが可能になります。

残念ながら、すべてのChromebookでAndroidアプリを実行できるわけではありません。

ここ4年くらいで発売されたChromebookはほぼAndroidアプリが動作するので、今回は2022年にお勧めのAndroidアプリで利用できるエミュレータを紹介します。

実際にChromebookで利用できるエミュレータを紹介します。

ニンテンドウ64:Mupen64Plus(N64エミュレーター)

左側の設定メニューが表示されたMupen64のスクリーンショット
良いところ
  • セットアップガイドとコントローラーマッピングガイドへのリンク。
  • 設定で多くの調整が可能。
良くないところ
  • ゲームごとに異なるプロファイルが必要になる場合があります。
  • 「ベータ版」としてリストされているアプリのステータス。

Mupen64Plusアプリを使用すると、多くのNintendo64のゲームを実行することができます。

カスタマイズできる多くのコントロールと、セットアップと構成を説明するガイドへのリンクが用意されています。

NESまたはSNESゲームをプレイする:John NESS

John NESS(NESおよびSNES)エミュレーターのスクリーンショット。左側のメニューが開いています。
良いところ
  • アプリ内の2つのエミュレーターへのアクセス。
  • 管理可能な設定数。
良くないところ
  • 更新されたバージョンで広告を表示。
  • キーマッピングは、構成が複雑になる可能性があります。

John NESSは、ニンテンドーエンターテインメントシステム(NES)とスーパーファミコン(SNES)の両方のゲームで動作することを目的としたエミュレーターを提供します。

アプリには広告が含まれていますが、オプションのアップグレードで広告は削除することができます。

John NESS5

GBAまたはGBCゲームをプレイする:John GBAC

John GBACアプリのスクリーンショット。左側のメニューが開いており、GBCおよびGBAエミュレーターのオプションが表示されています。
良いところ
  • アプリ内の2つのエミュレーターへのアクセス。
  • 設定にはいくつかのオプションがあります。
良くないところ
  • マルチプレイヤーのサポートが不足しています。
  • すべてのゲームとコントローラーが動作するわけではありません。

上記の対応するものと同様に、ジョンGBACは、ゲームボーイアドバンス(GBA)とゲームボーイカラー(GBC)の両方のゲーム用のエミュレーターを提供します。

広告付きのアプリを無料で使用することも、広告を削除するために1回限りの料金を支払うこともできます。

John GBAC

 

無料のPSPエミュレーター:PPSSPP-PSPエミュレーター

「Homebrew&Demos」タブが開いた状態のPPSSPPアプリのスクリーンショット
良いところ
  • 便利で詳細な製品サポートサイト。
  • アップデートは多くの問題点を修正しています。
良くないところ
  • 一部の設定では、グラフィックやオーディオの問題が発生する可能性があります。
  • 頻繁ではない更新。

多くのプレイステーションポータブルーPlayStationPortable(PSP)エミュレーターとは異なり、無料のPPSSPP-PSPエミュレーターには、ダウンロードできるさまざまな自作アプリやデモにすべて無料で簡単にアクセスすることができます。

もちろん、独自のファイルを使用することもできます。

このPPSSPPでは、膨大なグラフィック、オーディオ、ネットワーク、およびその他のシステム設定を調整できます。

PPSSPPエミュレータは基本的に無料で利用することができます。

その他に有料版があり、エミュレータを維持し、開発者をサポートすることができます。

 

ニンテンドーDSゲームをプレイする:DraSticDSエミュレーター

DraSticエミュレータのメインメニューのスクリーンショット(「続行」、「新しいゲームをロード」、「オプションを変更」、または「DraSticを終了」)
良いところ
  • 豊富な構成オプション。
  • 詳細なヘルプと手順。
良くないところ
  • WiFiまたはマルチプレイヤーのサポートはありません。
  • 無料の試用版やテスト版はありません。

この有料のニンテンドーDSエミュレーターはいくつかのカスタマイズを提供する機能があり、元の解像度よりも大きな解像度でゲームを調整してプレイすることができます。

このDraSticDSエミュレーターは、調整可能な多くのビデオ設定、オーディオ、およびコントローラーの設定を行うことが可能です。

 

ニンテンドーDS

 

ニンテンドーDS

最高のコモドール64エミュレーター:モバイルC64

コモドール64ベーシックV2が表示されたMobile64アプリのスクリーンショット
良いところ
  • コモドール64ベーシックでプログラムを入力できます。
  • ゲーム用のアクセスしやすいオーバーレイコントロール。
良くないところ
  • キーボードは、最新のレイアウトをコモドール64設定に再マップしません(たとえば、引用キーはC64の場合のようにShift-2です)。
  • Chromebookにはないコモドール64スタイルのファンクションキー。

Mobile C64を使用すると、コモドール64ベーシックアプリを入力して実行したり、コモドール64ゲームを読み込んで実行したりできます。

このアプリには、コントロール用のいくつかの大きなオーバーレイ領域と、エミュレートされたストレージの設定が含まれているため、今では見つけにくい5¼インチフロッピーディスクを検索する必要はありません。

ePSXe for Android

良いところ
  • 簡単に動作し、多数のオプションがあります。。
  • PS1のゲームディスクからの抽出が簡単。
良くないところ
  • 一部ゲームでは応答が遅れます。

ePSXe for Androidは、プレイステーションエミュレーター(PSXおよびPSOne)になります。

これは、有名なPC用ePSXeの移植版になり、非常に高い互換性(> 99%)、優れた速度、および同期のとれたサウンドを提供します。

Chromebookにも対応していてフル画面で操作することも可能で(1〜4プレーヤー用)向けに設計されており、分割画面モードで2プレーヤーオプションが含まれています。

また、コントローラーがなくても画面上に、仮想タッチスクリーンパッドがありますので、最低限の操作は可能です。

起動後自動的にSDカードを検索してゲームソフトを一覧で表示するので、ゲームを楽しむまで非常に簡単です。

 

まとめ

今回は2022年の時点で簡単にChromebookに導入できるエミュレータの紹介をしました。

今後は詳しい使い方などをアップしていきます。

ゲームのROMなどを用意する必要はありますが、自分の持っているデームをROM化しておくとChromebookでできるゲームが飛躍的に増えます。

また、Androidスマートフォンでもエミュレータは動作可能ですが、Chromebookなら大画面でスムーズなゲームを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。