Chromebookを再利用または活用 外部モニターとして 無料で使えるSpecedisk

chromebook1

外部モニターとして 無料で使えるSpecedisk

Chromebook が Android アプリと互換性があることを利用して、外部モニターとして利用することができます。

これは、Samsung Galaxy Chromebookなどの4K ディスプレイのChromebook やFull HD搭載のChromebookはもちろん解像度が劣る古いChromebookでも活用することができます。

前回は、AndroidアプリのDuet Displayというアプリを利用する方法を説明しました。

関連:Chromebook:Chromebookを再利用または活用 外部モニターとして

前回は有料のDuet Displayを使いましたが、今回は無料で使える同じくAndroidアプリのSpacediskというソフトを使います。

AndroidタブレットやiPad を外部モニターとして使えるSpecedisk

在宅ワークや出張先でタブレットやChromebookをパソコンの外部モニターとして利用できると便利なソフトがあります。

仕事だけではなく、2画面があるとWebを見ながらもう一つの画面で映画を見ることもできます。

また、Chromebookもそうですがタブレットを縦型にして表示することも可能なので、文章などを書いたりチェックするときに便利です。

今回紹介するSpecediskはWindowsパソコンのサブディスプレーとして、同じネットワーク上にあるAndroidタブレットやChromebook、iPadなどを利用できるアプリになります。

設定も簡単で無料で、できるので気軽に試すことができます。

品質的には有料のDuet Displayと比較すると劣る部分はありますが、まずは無料のSpacediskを使って、便利で必要であれば、そして品質を良くしたいのであればDuet Displayを購入しても良いともいます。

Specediskのインストール

SpecediskはパソコンとChromebookにそれぞれインストールする必要があります。

パソコンにソフトをインストール

パソコン用のソフトをインストールするためのダウンロードページはこちらになります。

Specedisk

ホームページの「DOWNLOAD」を押すと、ページがスクロールしてダウンロードのリンクになります。

Specedisk

該当するOSに応じたダウンロードを行い、ダウンロードが終了しファイルをダブルクリックを行うとインストールが始まります。

インストールは特に設定などなく、そのまま進むだけで終了します。

ChromebookにSpecediskをインストール

ChromebookのGooglPlayを立ち上げて検索欄に「Specedisk」と入力して検索。

Specedisk

インストールが終了したら、接続したいパソコンと同じネットワークに接続されていることを確認してSpecediskを起動します。

起動したら次の画面になりますので、真ん中にあるパソコンを指定します。

Specedisk

WindowsパソコンとChromebookは、直ぐに接続されます。

もし、Chromebook側に表示がおかしければWindows側でディスプレーの設定で表示を

Specedisk

表示画面を拡張するにするとChromebook側に解像度になりますので、表示が直ると思います。

まとめ

Chromebookを外部ディスプレー化できると、何かと便利です。

一瞬、Windows側で仕事をしながら、Chromebook側で映画やYouTubeを見ることができると非常に便利じゃないかと思いましたが、よく考えたらChromebookでそのまま見ることができます。

やはり、Windowsの表示領域を広げて作業に使うと効率よく仕事ができそうです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です