Chromebook:Chromebookにパスワードなしのログインが可能

chromebook1

パーソナライズされたロック画面とパスワードなしのログイン

今年初めのChromeOSのアップデートにより、ログイン画面でGoogleアカウントのパスワードを入力しなくてもChromebookにログインができる方法が追加になりました。

簡単なパスワードなら毎回入力してもいいのですが、今は単純なパスワードは危険なので、どうしても複雑化します。

覚えるのも大変ですが、入力も大変で1文字でも間違うとやり直しになります。

今年初めにリリースされたChromeOS 88アップデートによる追加機能で、いくつかの新機能がChromebookに導入されました。

その時の注目すべき追加機能の1つは、ユーザーがより迅速にサインインし、ロック画面をパーソナライズできるようにすることです。 

新しいログイン機能の一部は、2019年からAndroidデバイスに配布されているGoogleのWeb認証であるWebAuthになります。

Chromebookの所有者は、サイト固有のパスワードを必要とせずに、WebAuthをサポートするサイトにログインできます。

その際に指紋認証(Chromebookに指紋認証デバイスがある場合)またはデバイスへのアクセスに使用されるPINを使用することを選択することができます。

指紋認証がない場合でもWindowsでログイン時に使用するPINのように単純な数字でログインできるなら非常に便利です。

WebAuthがサポートされているかどうかを通知するポップアップが、Webサイトに表示される可能性があります。

2段階の確認プロセスの一部としてPINまたは指紋を使用することもできます。

これにより、他のデバイスのセキュリティキーや認証ソフトウェアが不要になり、作業全体が高速化されます。

PIN を使って画面のロックを解除する方法

事前にPINを作成する必要があります。

この機能を使って一部の Chromebook で、起動時のGoogle アカウントのパスワードを入力する代わりに PIN を入力することでログインすることができます。

PIN の設定

  1. 起動した後に画面右下の時刻をクリックもしくは設定を立ち上げる。
  2. 設定を起動
  3. [セキュリティとプライバシー] の項目で [画面ロックとログイン] を選択。
  4. Googleのパスワードを入力して [確認] を選択します。
  5. [PIN またはパスワード] で[PIN を設定] を選択。
  6. PIN を入力し、[続行] を選択します。(PINは6けた以上)
  7. 確認で同じPIN を入力して、[確認] を選択。

 

以上でPINの設定が終了です。

次回起動時には6けたのPINを入力することでログインが可能になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です