Chromebook:Chromebookを再利用または活用 外部モニターとして

chromebook1

前から使っているChromebookや中古で安く購入できた昔のChromebookなどを有効的に活用できる方法を考えたいと思います。

まずは外部モニターとしての利用方法です。

モバイルモニターは今売れ筋のパソコン周辺機器のひとつになります。

ノート型パソコンを持っていても、外出先や出張先のホテルで2画面を使って広い領域で作業することは生産性を上げる上でとても重宝します。

最新のFull HDを搭載しているChromebookでも一昔前のChromebookでもWindowsやMacの外部ディスプレーとして活用することができます。

タブレットタイプになるChromebookならレイアウトも自由なので非常に使いやすいと思います。

関連:

無料でできるChromebookを外部モニターにする方法

2021年 使用すべきChromebook上の22の最高のLinuxソフト

Chromebookでゲーム Chromebookで動くエミュレータ各種

外部モニターとして使用する

Chromebook が Android アプリと互換性があることを利用して、外部モニターとして利用することができます。

これは、Samsung Galaxy Chromebookなどの4K ディスプレイのChromebook やFull HD搭載のChromebookはもちろん解像度が劣る古いChromebookでも活用することができます。

そのためには、AndroidアプリのDuet Displayというアプリを利用します。

もともとDuet DisplayはAppleのiPadやiPad Proを外付けのディスプレーとして利用していたのが始まりでしたが、その後Androidのスマートフォン、タブレットで利用できるようになっています。

有料アプリですが人気のあるアプリになります。

またChromebookもAndroidアプリを利用できることからChromebookをMacとWindowsPCの両方に対応した最も高度な外部ディスプレイに変えます。

このDuet Displayアプリを使用すると、ケーブルを接続することなく、Chromebook を Windows PC または Mac の 2 番目のディスプレイとして使用できます。 

このDuet Displayは、外部モニターに期待されるすべての機能を提供し、Chromebook を他の従来のモニターと同じように利用することができます。

画面全体でウィンドウを移動したり、プライマリ コンピューターのディスプレイを拡張またはミラーリングしたり、解像度を調整したりできます。

利用方法は非常に簡単です。必要なことは、両方のコンピュータに Duet Display のアプリをインストールすることだけです。

デュエットディスプレイとは?

デュエットディスプレイにするには、Duet Displayという Android アプリが必要です。

有料で1,080円(この記事を記載しているときには50%OFFセールでした)、Chromebook の画面を Windows PC または Mac の 2 番目のディスプレイに変えることができます。

通常の外付けモニターと同じように、ディスプレイ間でウィンドウを移動したり、Chromebookにタッチスクリーンが搭載している場合はタッチスクリーンを利用したりできます。

古い Chromebook の再利用にも最適な方法です。

または、中古で1万円程度で購入できるChromebookを購入して安価なモバイルディスプレイとして利用する方法もあります。

Chromebook は、従来のモニターよりも手頃な価格で、マルチスクリーン を実行できます。

Duet Displayの設定方法

まず、Chromebook とプライマリ ノートブックの両方に Duet Displayインストールする必要があります。

アプリをインストールしたら、両方のクライアントを起動して設定していきます。それほど難しくはなく、ほとんどの場合、必要なアクセス許可を付与する必要があります。

上のChrome OSはアカウント作成のワイヤレス接続を可能にするための設定です。

設定が完了したら、PCでDuet Displayを開き、左側のメニューから「Android」を選択します

ログインします。

次に、Duet Display の PC/Mac アプリ[設定] をクリックし、次の画面で [Duet Air を有効にする] チェックボックスをオンにします。同様に、「プロファイル」タブにアクセスして、画面共有をオンにします。

これらの設定を適用するとすぐに、PC の名前が Chromebook で実行されている Duet Display アプリに表示され、その逆も同様です。

両方のデバイスが同じネットワーク上にあることが必要なので、もし表示されない場合は確認してください。

表示モード

Duet Display を有効にすると、Chromebook のディスプレイは通常のモニターとほぼ同じように動作します。

デバイス名の下にある [拡張] および [ミラー] オプションを使用して、コンピュータの画面を Chromebook に拡張し、画面をミラーリングできます。

いずれかのオプションを押すと、デバイスのデスクトップがすぐに表示されます。標準の外付けモニターとして操作しながら、Chromebook のキーボードとトラックパッドを引き続き使用できます。

さらに、Duet Display の PC側で Chromebook の画面の解像度をカスタマイズすることもできます。

また、合計 5 つのプリセットが設定されていますので、それを選択して解像度を選択することもできます。Mac の場合、Retina のような品質を有効にすることができますが、バッテリーの駆動時間は少なくなります。

Chromebook は外部モニターとしてどの程度機能しますか?

ワイヤレスでストリーミングしても、 Wi-Fi 接続が拘束であれば、個人差はありますが遅延がゼロというわけではないが気にならないレベルに感じます。

モニター間でウィンドウをシームレスに移動することができます。

Chromebook から PC のメニューにアクセスしたり、アプリを開いたり、外付けモニターのその他のメリットを問題なく利用できます。

類似のアプリは数多くありますがミラーリングしか出来ないアプリが多いなか、このアプリはミラーリングだけではなく拡張サブスクリーン(画面の拡張)が出来るので作業領域を拡大することができます。

まとめ

Duet Display は実質的にコンピューターの画面とその画面上で行うすべての操作を無線を使ってやり取りをするため、セキュリティーを心配するのは自然なことです。

幸いなことに、このアプリは 256 ビット暗号化で接続を保護し、両方のデバイスでローカルで動作します。

つまり、データが外部のサーバーに保存されることはありません。

Duet Display も Chromebook に限定されません。これを使用して、同じ手順で Mac または PC の画面を Android または iOS デバイスに拡張できます。

アプリを購入すると何台でもインストールできますので、今持っているパソコンが複数ある場合は費用対効果は高いと思います。

ただし、AndroidとiOSのアプリは別になりますので、iOSのDuet Display を購入していた方でもChromebookで利用したい場合は、別に購入する必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です